横浜流星の魅力が詰まった作品!吉高由里子が絶賛

魅力がとどまることを知らない横浜流星
魅力がとどまることを知らない横浜流星

 吉高由里子横浜流星が24日、TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われた映画『きみの瞳が問いかけている』の公開記念舞台あいさつに登壇。横浜は本作で塁を演じたことについて「人を思うことや愛することについて考えるきっかけになった」と語ると、吉高は劇中の横浜の格好良さに「(観客は)倒れちゃうかも」と太鼓判を押していた。舞台あいさつには三木孝浩監督も登壇した。

魅力が増し続ける横浜流星【写真】

 不慮の事故で視力と家族を失った明香里(吉高)と、罪を犯しキックボクサーとしての未来を絶たれた塁(横浜)との恋を描いた本作。この日の舞台あいさつの模様は全国225館で生中継されたが、それが横浜の発案だったことが明かされると「どうしてもたくさんの方に観ていただきたくて、プロデューサーさんに無理言ってお願いしたんです」と笑顔を見せる。

[PR]
『きみの瞳が問いかけている』

 過酷なトレーニングを行い、約1か月で体重を10キロ増やし、キックボクサーの体を作り上げた横浜。「肉体的にも精神的にも追い詰められることもあったのですが、塁という役を通して、人を思うことや愛について考えるきっかけになりました。人として学ぶことがたくさんありました」とすがすがしい表情を見せていた。

 そんな横浜が演じた塁に、吉高は「口数は少ないのですが、明香里を思う気持ちの一途さなど、こういう人と出会えたら幸せなんだろうなと思いました」と感想を述べると「横浜流星の魅力が詰まった作品。もともと(横浜のことが)好きな人は、より好きになっちゃうと思う。格好良すぎて倒れちゃうかも」と大絶賛していた。

 イベント中盤には、主題歌「Your eyes tell」を手掛けたBTSから、公開のお祝いコメントと共に「横浜さんのアクションがすごかった。映画で繰り出していたパンチをぜひ教えてください」とメッセージが届くと、横浜は「いつでも教えます!」と爽やかに回答していた。(磯部正和)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]