「麒麟がくる」光秀が御所へ…第29回あらすじ 摂津晴門の計略

御所へ…
御所へ… - (C)NHK

 NHKの大河ドラマ「麒麟がくる」の第29回「摂津晴門の計略」が25日よる8時からNHKで放送予定。あらすじを紹介する。

【写真】NHK、「岸辺露伴は動かない」を高橋一生主演でドラマ化

 第29回では将軍の御座所襲撃に怒った信長(染谷将太)が、京に将軍を守る城が必要だとして、独断で二条城の建設を始める。各地から資材を召し上げて急ピッチで強引な工事が進められ、幕府の摂津(片岡鶴太郎)のもとには信長に対する反発の声が届く。

[PR]

 そんなある日、主人公・光秀(長谷川博己)は伊呂波太夫(尾野真千子)に呼ばれ、幕府に追われて身を隠していた近衛前久(本郷奏多)と対面。前久は今の幕府は己の私利私欲を満たすことしか頭にない連中ばかりであると光秀に忠告し、帝(みかど)を守るという幕府の本分を見失っていることをほのめかす。

麒麟がくる
(C)NHK

 帝の存在が気にかかった光秀は、ボロボロになった御所へと足を向ける……。第29回からは金ケ崎で信長を窮地に陥れることになる、『きらきら眼鏡』『嵐電』などの金井浩人演じる浅井長政が初登場となる。(編集部・海江田宗)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]