妻夫木聡「家族で観に行って泣きたい」3DCGドラえもん映画で号泣

セリフ量に「ビビリました」という妻夫木聡
セリフ量に「ビビリました」という妻夫木聡

 俳優の妻夫木聡が29日、都内で行われた3DCGアニメーション映画『STAND BY ME ドラえもん 2』の完成報告会に出席。前作に続き大人になったのび太の声を演じた妻夫木は、試写会でのび太のおばあちゃん役の宮本信子の声を聞いた瞬間、良すぎて号泣してしまったことを明かすと「映画館に家族と観に行って泣きたい」と語った。報告会には宮本、羽鳥慎一(MC)、八木竜一監督、山崎貴共同監督、ドラえもんも出席した。

爽やか!妻夫木聡【イベント写真】

 本作は、2014年に公開された『STAND BY ME ドラえもん』シリーズ第2弾。原作コミックでも人気の高い「おばあちゃんのおもいで」を基に、オリジナルの新要素を加えて再構築した物語となる。

[PR]

 6年ぶりに“大人のび太”を演じることになった妻夫木は「前作でのび太を演じたことを誇りに思っていました」と笑顔を見せると「こんな僕でよければ使ってください」と台本を読む前から快諾したという。

 しかし、実際台本を読むと、セリフの量は前作と比較しても格段に増えていることを知り「ビビリました」と苦笑いを浮かべる。八木監督は「前作ではピンポイントで登場していた大人のび太でしたが、今回は準主役級」と比重の大きさを述べると、山崎監督は「のび太って一見ダメダメに見えるけれど、芯が強い。そののび太の特性をすごくいい感じに表現してくれています」と妻夫木の芝居を絶賛していた。

 いつもはできあがった作品を観ると「反省点ばかり目についてしまう」という妻夫木。しかし本作では、宮本演じるおばあちゃんの声を聞いただけで涙があふれてしまい、試写室ではずっと泣いてしまっていたことを告白した。

 おばあちゃん役の宮本にとっても、本作は特別な作品だったようだ。「わたしは普段自分が出演した作品は、必ず前もって観るのですが、この映画だけは、子どもたちと劇場で一緒に観たいと思って観ていないんです」と公開を楽しみにしていることを明かす。

 妻夫木も「家族で観たい作品」としみじみ話すと「最近、いろいろなことがあり不安に感じることも多く、どこかで泣いちゃいけないと思う自分がいました。でもこの映画を観て、泣いていいんだなとホッとした。劇場に泣きに行きたいです」と語っていた。(磯部正和)

映画『STAND BY ME ドラえもん 2』は11月20日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]