深川麻衣、カメラマン役!主演映画『おもいで写眞』来年1月公開

深川麻衣、『パンとバスと2度目のハツコイ』以来の主演作!
深川麻衣、『パンとバスと2度目のハツコイ』以来の主演作! - (C)「おもいで写眞」製作委員会

 深川麻衣が2021年1月29日に公開される映画『おもいで写眞』で主演を務めることが発表された。深川は祖母の残した写真館で“遺影写真”を撮る仕事を始めるカメラマンという役どころに挑む。『心が叫びたがってるんだ。』などの熊澤尚人が監督を務め、高良健吾香里奈井浦新古谷一行吉行和子らが共演する。

【写真】阿部寛「まだ結婚できない男」での深川麻衣

 熊澤監督が「人が生きる豊かさと年を重ねる美しさ」を紡いだ小説の映画化となる。東京で夢に破れて祖母の死がきっかけで故郷へと戻り、遺影写真を撮る仕事を始める音更結子(深川)。人生の先輩たちの話に耳を傾けるうち、遺影写真は色あせない思い出を写し出す“おもいで写眞”へと変わっていく。深川が所属する芸能プロダクション・株式会社テンカラットの25周年企画として制作された。

[PR]

 深川にとっては第10回TAMA映画賞の最優秀新進女優賞に輝いた2018年公開の『パンとバスと2度目のハツコイ』以来の主演作。「今回、初めてご一緒させていただく熊澤監督と、素晴らしい出演者の皆さまと、物語の舞台である富山県で撮影をしてきました。撮影の日々はとても刺激的で、苦しくもあり、あたたかくもあり、自分にとって何ものにも代え難い大切な時間になりました。写真を通して人と人とが繋がり、結子が成長していく姿を感じていただけたら嬉しいです」

おもいで写眞
(C)「おもいで写眞」製作委員会

 結子の幼なじみで役所に勤務している星野一郎を演じる高良は「台本を読んだ時に驚いたことがあります。主人公が祖母の遺影を見て感じたことを、自分も祖父の葬式の時に感じました。これはどこにでもある問題なんだと」と明かしており、「主人公の不器用さにハラハラしますが、彼女の真っ直ぐさから伝わるものがあります。この映画があることによって、おもいでというものの価値観も変わるのではないでしょうか。正真正銘本当であるということがすべてなのか。ぜひ、楽しみにしていてください」とメッセージを送っている。(編集部・海江田宗)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]