内田英治監督、竹内涼真の本人役ドラマは「脱線ぶりを楽しんで」

松本花奈監督、竹内涼真、内田英治監督、平井大(主題歌)
松本花奈監督、竹内涼真、内田英治監督、平井大(主題歌)

 WOWOWドラマ「竹内涼真の撮休」(11月6日より毎週金曜深夜0時~WOWOWプライムで放送)のトークイベントが28日、Twitterで生配信され、主演の竹内涼真、内田英治監督、松本花奈監督が参加。竹内が、自分で自分を演じたドラマの撮影を振り返ると共に、両監督から意外な一面を明かされる一幕もあった。

2人の竹内涼真!?豪華キャスト集結の「竹内涼真の撮休」場面写真

 本作は、今年3月から5月にかけて放送された「有村架純の撮休」に続き、突然撮影が休みになった俳優の1日を描く異色ドラマの第2弾。撮影中、自身のSNSで楽し気な撮影風景を日々更新していた竹内だが、「撮影が終わったのは3か月ぐらい前ですが、いいチームワーク、楽しんで作ったというのが作品からも伝わってくると思うのでぜひ、ご覧いただければと思います。ってなんか締めのコメントみたいになってしまいましたけど(笑)」と充実した表情。

[PR]

 ドラマは8話で構成され、8人の脚本家、3人の監督が名を連ねる。竹内は「とても贅沢なドラマ」だと言い、「今までで一番台本がすらすら読めた。どういうふうに演じようか前向きな気持ちになれた」とよどみなく述懐。自分を演じることについて「よく取材などで『難しくないですか?』と聞かれるんですけど、僕はあまり難しいと思わなくて。僕が巻き込まれていくストーリーが多いので、肩の力を抜いて新鮮にリアクションをできるよう、ライブ感を楽しみながら一話一話作っていました」と気負うことなく臨んだ様子。

 一方、2話、5話、6話、7話及び全話のオープニングを担当した内田監督はロケハンのときからスタッフたちと「こういう家に住んでいそう、こういうモノを食べそう」などと竹内の妄想を膨らませていたが、実際に本人と対面すると「全然違った」という。「ちょっと弟的なイメージがありましたけど、僕とは大分歳が違いますけど友達みたいな感覚で。10代、20代のときの友人みたいな。そういうことってあまりないんですけど、いい意味で裏切られました。いろいろアイデアを出し合いながら脱線していったドラマなので、その脱線ぶりを観てほしいです。音楽に例えるとジャズみたいな」。ちなみに、竹内いわく内田監督は「父親と歳がほぼ一緒」だそう。

[PR]

 3話、8話を担当した松本監督は、現役の大学生でもある。「こういう方なんじゃないか、こういう竹内さんを観たい、と妄想を膨らませて考えていったんですけど、竹内さんがプラスアルファでアドリブを入れてくださったり、どんどん観たい竹内さんになっていきました」と満足げ。そんな松本監督に対して竹内は「松本さんは言葉が強いというわけではないのですが、すごく芯が強い方。現場ではモニターの前で面白い(演技をした)時には結構ニヤニヤ笑っていて、それをちらちらと見て(自分の演技を確認して)いました」と振り返っていた。

 また本作は、小池栄子(1話)、藤野涼子(2話)、松本穂香(3話)、富司純子(5話)ら豪華な共演者の顔ぶれも見どころだが、本作を通じて「(最終話『同級生』の)吉村界人と仲良くなって、連絡とって、監督と3人とご飯に行ったりしてます」と竹内。「6話の『竹内涼真と竹内涼真と』の松本まりかさんとは、お互い気合いが入っていて。笑えるシーンなんですけど、僕らはめちゃくちゃ真面目に本気でやっていて、全話の中で一番熱いシーンになっていると思います。3話『世界で一番めんどい奴ら』の佐野勇斗くんと松本穂香さんとは、会話のテンポがよくて、テンションが合ったんでしょうね。楽しかったですね」と声を弾ませていた。

[PR]

 また視聴者からの質問コーナーで「落ち着ける場所」の話題になると、竹内は「L字のソファーの角」を挙げ、「自分の体がうまくはまるので(笑)。寝てしまって、台本を読みながら落ちてしまって朝、最悪……と後悔することがあります」とエピソードを披露。また「撮休からどう切り替える?」との問いでは、撮影中は完全に仕事を忘れることがないこと、その間は支障が出ないようにオフの過ごし方にも気を遣うことなど、ストイックな一面をのぞかせていた。

 監督の一人である廣木隆一は、この日参加ならなかったが、竹内に寄せたメッセージがMCによって読み上げられた。「涼真へ、今日は参加できずにすみません。本当に残念です。ぼくが担当させてもらった両作品ともライブ感あふれる作品になり満足しています。感情を素直にストレートに出すことのできる役者さんだと思いました。なかなかそれを自然にやるのは難しいと思いますが、ずっと続けていってください。そして、また違う作品でもチャレンジしたいです」。終盤にはシンガーソングライターの平井大が駆けつけ、主題歌をウクレレで弾き語り。竹内は「お酒が飲みたくなった」と酔いしれていた。(編集部・石井百合子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]