松重豊、小栗旬の神エピソード披露 撮影現場に“憩いの場所”

小栗旬
小栗旬

 俳優の小栗旬が30日、都内で行われた主演映画『罪の声』の初日舞台あいさつに出席。これまでドラマや映画で度々共演してきた松重豊と互いに本作での共演を振り返るなかで、松重が「男ばかりで全然楽しくなかった」とジョークを飛ばすなど気心の知れた関係をのぞかせつつ、小栗が現場で作ったという“憩いの場所”について語った。

【写真】イベントの様子

 かつて日本を震撼(しんかん)させた事件をモチーフにした塩田武士の小説を映画化した本作は、35年前に起きた未解決事件をめぐる二人の男の運命を映し出す。小栗は、事件の真相を追う主人公の新聞記者・阿久津を演じている。

[PR]

 本作では松重豊との撮影シーンが多かったという小栗。松重が演じるのは、事件発生当時は担当として現場に張り付いていた元社会部記者の水島洋介。阿久津が事件を追うことになり、おせっかい気味に応援している設定だ。

 そんな松重に、小栗は「定期的に共演させてもらっているんです。時には刑事の上司だったり、別の時には父親だったり。やっぱり安心して一緒にお仕事をさせてもらえる先輩だなと思っています」と恐縮の表情。一方、松重は「今回撮影が小栗くんとばかり。男ばかりで全然楽しくなかった」とため息交じりに話して会場を笑わせた。これには小栗も思わず申し訳なさそうに照れ笑いをしていたが、松重は「でも、小栗くんが(現場に)カフェスペースを提供してくれて、そこを女性の方も使ってくれて、僕らのためにコーヒーを作ってくれたり、お菓子を作って持ってきてくたりしたんです。そこが憩いの場所でした」とほっこりさせるエピソードを披露。

罪の声
土井裕泰監督、松重豊、小栗旬、星野源、市川実日子

 本作はドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」「MIU404」などの野木亜紀子が脚本を務めたことも話題だが、小栗は「原作がすごく分厚い作品、テーマ。その伝えたいことを抜け落ちずに時間内にまとめたところが野木さんのすごいところだと思いました」とコメント。「しかも僕以上に覚悟を持って取り組んでいる作り手がほかにもたくさんいた。この人たちと一緒にやれば大丈夫だと思って演じていました」と撮影を振り返った。

 作品については予告編などを見て、誤解を招いているのではないかと危惧する小栗。「ちょっと怖い映画だと思っている人が多いみたいですけど、決して怖い映画ではないです。時間を感じさせない映画。みなさんにゆっくり楽しんでほしい」と呼びかけていた。

 この日は星野源市川実日子土井裕泰監督も登壇した。(取材・文:名鹿祥史)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]