田中圭「先生を消す方程式。」初回から衝撃展開!“義経先生”が怖すぎ…

「先生を消す方程式。」より
「先生を消す方程式。」より - (C)テレビ朝日

 田中圭主演のテレビ朝日系ドラマ「先生を消す方程式。」(毎週土曜夜11時~11時30分)の初回が31日に放送され、田中演じる高校教師・義澤と問題児たちとの攻防戦が目まぐるしく展開。予測不可能なストーリーや、義澤の「ヤバい」キャラクターが反響を呼び、ネット上では義澤の口癖にちなんだ「先生の授業嫌いじゃないです」といった感想で盛り上がっている(※一部ネタバレあり)。

【写真】登場人物全員怖い…「先生を消す方程式。」場面写真

 本作は、「奪い愛、冬」「M 愛すべき人がいて」などの鈴木おさむが脚本を務め、「笑顔でいれば幸せはついてくる」がモットーの数学教師・義澤経男(通称:義経)を主人公にした学園ドラマ。舞台は、名門私立高校で過去に担任が次々と辞めていったいわくつきの3年D組。第1話では、このクラスに自ら志願し赴任してきた義経に、有名な女医の母を持つ人気インフルエンサーの長井弓(久保田紗友)、父は人気飲食チェーンの社長で、高校生にマッチングアプリで“パパ活”をさせる大木薙(森田想)、父が大企業の社長で叔父が政治家という剣力(高橋侃)ら怖いものなしの問題児たちが牙をむくさまが描かれた。

[PR]

 初日早々、義経があいさつをしても優等生の藤原刀矢(高橋文哉)以外は無視。東大卒ではない教師が東大を目指す生徒を教えられるのかと侮辱したり、水をかけたりとあらゆる嫌がらせを仕掛けるが、義経は生徒が突きつけた難度の高い数式もすらすら解き、何をされてもニコニコ笑顔で指導。しかし、後半に剣が義経に決定的なダメージを与えた瞬間から、事態は思いもよらぬ方向に転がっていった。

 見ものは、ラスト数分。義経の味方と思われていた人物たちの裏の顔も明らかになり、クラス一の問題児と思われていた剣の後ろに何人もの黒幕が存在することが発覚。また終盤、田中が長ゼリフを繰り出す場面があったが、先日行われた番組のインスタライブで、義経の恋人・静を演じる松本まりかから「義澤さんのセリフの量がすごくて大変ですよね」と声をかけられると、田中は黙読でセリフを覚えることを明かしていた。

 なお、次週の予告では大けがを負った義経が教壇に立つ姿が見られ、「大丈夫か?」「怪我が痛そう……」など視聴者をざわつかせている。(編集部・石井百合子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]