宮沢氷魚、初の映画賞に感無量!海外作品にも意欲

俳優として初めての受賞を喜ぶ宮沢氷魚
俳優として初めての受賞を喜ぶ宮沢氷魚

 俳優の宮沢氷魚が第12回TAMA映画賞・最優秀新進男優賞を受賞し、29日に府中の森芸術劇場どりーむホールで行われた授賞式に出席した。宮沢は「俳優の仕事をして3年で、初めての賞。一生忘れないと思います」と受賞の喜びを口にした。この日は、最優秀新進女優賞を受賞した松本穂香森七菜も出席。また、宮沢と同じく最優秀新進男優賞を受賞した北村匠海は「新進が似合うような俳優として、2021年も頑張っていきたい」とビデオメッセージで思いを寄せた。

【全身写真】スタイル良すぎ!宮沢氷魚のギャルソン姿

 映画『his』で同賞を受賞した宮沢。本作では、ゲイだと思われるのが嫌でひっそりと生活している主人公・迅を演じた。初の主演映画でプレッシャーがあったと胸の内を明かした宮沢は「でも、相手役の藤原季節くんにとても助けられました。彼が心を開いてくれたことで、楽しく撮影ができました」と当時を振り返る。

[PR]

 公開前は反応に不安があったという宮沢だが、「たくさんの素敵な意見をいただきとても幸せでした」と笑顔。メガホンを取った今泉力哉監督に「このタイミングで出会えたことが宝物でした。また成長して今泉監督の作品に出られるように頑張りたい」と語ると「僕はアメリカで生まれ、教育も英語で受けてきたので、いつか海外の作品にも挑戦したい」と抱負を述べていた。

 新進女優賞を受賞した森は「このような賞をいただけて光栄です」と緊張気味に語ると、「今年はいきなり現れて『なんだこの小娘は』と思われた方が多かったと思いますが、来年は『だから起用されたんだな』と思ってもらえるように頑張りたい」と意気込みを述べていた。

新進女優賞を受賞した森七菜

 同じく賞を受けた松本は、2020年を振り返り「いろいろあった1年ですが、もっと映画を届けていけたらと強く感じました」と決意のコメント。『君が世界のはじまり』でタッグを組み、最優秀新進監督賞を受賞したふくだももこ監督から「芯が強くて声もよく度胸もあるけど、それを見せない。でも芝居をしたらわかる最高の俳優です」と絶賛されていた。

 TAMA映画賞は、多摩市および近郊の市民からなる実行委員が、明日への元気を与えてくれる・夢を見せてくれる活力溢れる<いきのいい>作品・監督・俳優を、映画ファンの立場から感謝をこめて表彰する催し。(磯部正和)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]