映画を愛する佐藤浩市、デートは「映画館しか行ったことない」

共演者からたくさん質問を受けた佐藤浩市
共演者からたくさん質問を受けた佐藤浩市

 俳優の佐藤浩市が4日、丸の内TOEIにて行われた映画『サイレント・トーキョー』(公開中)の初日舞台あいさつに出席。東京が舞台となる作品にちなみ、東京のおすすめスポットを聞かれた佐藤は「デートは映画館しか行ったことがない」と発言し、登壇者を驚かせた。この日は、石田ゆり子西島秀俊中村倫也広瀬アリス井之脇海勝地涼波多野貴文監督も出席した。

【画像】佐藤浩市が共演者からの質問に回答!

 『サイレント・トーキョー』は、秦建日子が名曲「Happy X-mas(War Is Over)」にインスパイアされた小説に基づくサスペンス。クリスマス・イブに東京で発生した連続爆破テロ事件に翻弄される人々を描く。

[PR]

 佐藤は「お恥ずかしい話ですが」と苦笑いを浮かべると、「60年生きてきて、デートは映画館しか行ったことがないんです」と発言。それだけ映画と共に歩んできた佐藤の人生。この日は、俳優生活40年を迎える佐藤に、共演者からさまざまな質問が投げかけられた。

 メガホンを取った波多野監督から、「40年俳優をやってきて、心にとめている監督の言葉は?」と聞かれた佐藤は、23歳の時に出演した相米慎二監督作『魚影の群れ』(1983)での撮影に触れ、「監督から『ダメだダメだダメだ』と言われ、『なんでダメなんですか?』と聞いたんです。そうしたら『テメーで考えろ』って……その一言は忘れません」と回答する。

 その後も、勝地の「壁にぶつかったときの乗り越え方」、井之脇の「もし役者をやっていなかったら」という真面目な質問が続くなか、広瀬が「好きな漫画はなんですか?」と聞くと、佐藤は拍子抜けしたように膝から崩れ落ちるも、「ジョージ秋山さんの『アシュラ』という漫画。少年誌に連載していたのですが、カニバリズムを描いた作品なんです」と真摯に回答。すると広瀬は「『渋谷金魚』がおすすめです。金魚が人を食べちゃうんです」と続け、佐藤に薦めていた。

[PR]

 また、佐藤が一番まともな質問が来ると構えていた石田から「女性の好きな仕草は?」と柔らかい質問が飛ぶと、佐藤は「せめてこういう質問は西島あたりまでにしてくれる?」と嘆きつつ「女性が女性っぽい仕草をしてもなんとも思わない。キレイに化粧をしているのに、音を立てて鼻をかんだりするのを見ると、人間ぽいなと思って惹かれてしまうんです」と真面目に答えていた。

 新型コロナウイルスの感染が再拡大するなか、映画が初日を迎えた。佐藤は「明日がどうなるのかという状況下のなか、こうして公開ができてよかった」と安堵の表情を浮かべると、石田も満員の客席を見渡し「全員マスクをされていますが、よく来てくださいました。本当に感動しています」と感謝を述べていた。(磯部正和)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]