人生って大切なもの?ピクサー新作の問いかけ『ソウルフル・ワールド』特別映像

名監督が描くソウルの世界とは? 『ソウルフル・ワールド』
名監督が描くソウルの世界とは? 『ソウルフル・ワールド』 - (C)2020 Disney/Pixar.

 『モンスターズ・インク』『インサイド・ヘッド』の監督が手がける、ディズニー&ピクサー最新作『ソウルフル・ワールド』から、本作の舞台となる、この世に生まれる前の“ソウル”たちの世界と、本作の大切なテーマを伝える特別映像が公開された。

【動画】『ソウルフル・ワールド』予告編

  12月25日から動画配信サービス「Disney+ 」(ディズニープラス)でサブスク配信がスタートする本作は、生まれる前にどんな人間になるかを決める、魂(ソウル)の世界をテーマにした新作アニメーション。ジャズミュージシャンの夢をかなえる直前にこの世界に迷い込んでしまった音楽教師ジョーと、人間に生まれたくないソウルの女の子・22番による、人生の“きらめき”をめぐる冒険が描かれる。

[PR]

 ニューヨークのマンホールに落ちたジョーが迷い込むソウルの世界は、生まれる前のソウルたちに個性が与えられる場所。そこで性格が与えられたソウルは、最後に、心から夢中になれる“きらめき”を見つけることで地上に生まれることができるが、ジョーの出会う“ソウルの22番”は、人生のきらめきを見つけられずに、何百年もその世界に留まっている。

 人生に生まれる価値などないと考える22番には、マザー・テレサのような偉人でさえも“人生のきらめき”を伝えることはできないが、叶えたい夢を持つジョーとの出会いが、次第に彼女を変えていくことになる。やりたいことがない22番の「人生ってそんなに大切なものなの?」という問いかけは、現代人に向けたメッセージとも言えるだろう。

 監督は、現在ピクサー制作部門のトップである CCO(チーフ・クリエイティブ・オフィサー)を務めるピート・ドクター。この作品に込めたメッセージについてドクター監督は「まだ生まれていない新しい魂のキャラクター22番を登場させることで、人生がいかに素晴らしいかを映画を通じて語りたいと思いました」と語っている。

 ジョーの声はジェイミー・フォックス、22番の声はティナ・フェイが担当。日本版声優は浜野謙太川栄李奈が務め、人気歌手・JUJUの「奇跡を望むなら…(ソウルフル・ワールド ver.)」が日本版エンドソングに決定している。(編集部・入倉功一)

映画『ソウルフル・ワールド』はディズニープラスにて12月25日(金)17時より独占配信

「ソウルフル・ワールド」|特別映像|ディズニープラスで12月25日(金)独占配信 » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]