三浦春馬さんの提案で変更したシーンとは?『天外者』監督が明かす

(C) 2020映画 「五代友厚」製作委員会

 三浦春馬さんが主演を務めた映画『天外者(てんがらもん)』(12月11日公開)でメガホンをとった田中光敏監督が撮影を振り返り、三浦さんの提案で台本とは違う演出に変更した点について明かした。

【写真】五代友厚像の前で3ショット!『天外者』フォトギャラリー

 本作は、幕末から明治初期という動乱の時代を日本の未来のために駆け抜け、近代日本経済の基礎を構築した実業家・五代友厚の物語。

[PR]

 変更になったのは、三浦さん演じる五代が自身の髷(まげ)を切るシーン。もともとは、斬り合いがあってから五代が髷を切るという流れだったが、三浦さんが監督に「五代さんはどんなことがあっても仲間を切ろうとしないと思うから、斬り合いがしっくりこないです」と伝えたことから、そのシーンは予定と違う演出で撮影が行われることになったそう。田中監督はその瞬間三浦さんが五代になっていたと熱っぽく振り返る。

 なお、現代でも五代の足跡を感じられる場所が大阪取引所にある。明治11年、五代は大阪に商法会議所(現:大阪商工会議所)を設立して初代会頭に就任すると、同時に大阪株式取引所も創設させ、大阪の経済界を復興させた。大阪取引所にはこの功績を称えた五代友厚像があり、このたび共演者の三浦翔平西川貴教森川葵が像の前で笑顔を見せる3ショットも公開された。(編集部・吉田唯)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]