「おちょやん」18歳になる千代はやりたいことを探して…3週のあらすじ

千代が奉公に来てから8年ほどの月日が経った
千代が奉公に来てから8年ほどの月日が経った - (C) NHK

 連続テレビ小説「おちょやん」(月~土、NHK総合・午前8時~ほか)が12月14日から3週目を迎える(以下、今後のあらすじに触れています)。

「おちょやん」杉咲花が本格登場!第3週の場面カット【写真】

 「おちょやん」は明治の末に大阪の貧しい家に生まれた竹井千代(杉咲花)が、女優の道を駆け上がる姿を描く物語。12月14日からは第3週「うちのやりたいことて、なんやろ」に突入する。

[PR]

 大正13年の秋、千代が道頓堀の芝居茶屋「岡安」へ奉公に来てから、およそ8年の月日が経っていた。まもなく18歳になる千代はお茶子として働きながら、相変わらず芝居に夢中の日々を過ごしていた。思い出すのは子どもの頃に見た、女優の高城百合子(井川遥)の美しい姿だった。

 そんななか、千代は岡安の女将シズ(篠原涼子)から今後は自分がどうしたいのかをよく考えるよう言われ、初めてやりたいことに思いをめぐらせるようになる。ある日、千代は憧れ続けてきた百合子と偶然に再会。百合子は会社から映画の撮影所へ行くように命じられていたのだが、逃げ回っていたのだ。そこで千代は百合子を岡安で匿うことにする。

 一方、シズもかつて深い因縁のあった歌舞伎役者の早川延四郎と20年ぶりに顔を合わせていた。その再会の現場を見ていたライバル茶屋「福富」のお茶子により、二人は不義密通の関係であるという噂が流れ、道頓堀中に悪い評判がたってしまう。やましいことは何もないとシズは噂を否定するも、秘められたシズの思いを知った千代は……。(編集部・大内啓輔)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]