亀梨和也、5人を相手に高速アクション!「レッドアイズ」初回放送日決定

襲ってきた暴漢を瞬時に撃退する伏見響介(亀梨和也)
襲ってきた暴漢を瞬時に撃退する伏見響介(亀梨和也) - (C)日本テレビ

 亀梨和也主演の日本テレビ系2021年1月期ドラマ「レッドアイズ 監視捜査班」(毎週土曜よる10時~)の初回放送日が2021年1月23日に決定。同ドラマは11月某日にクランクインし、亀梨演じる主人公の特別捜査官が暴漢を瞬時に撃退する様子を捉えたスチールが公開された。

【写真】亀梨和也主演、今世紀ホラー映画No.1ヒット作、劇中カット

 本作は、トラウマを持つ元刑事と天才的な頭脳を持った元犯罪者たちが、国内に500万台と言われる監視カメラを駆使した科学捜査によって凶悪な連続殺人鬼に迫るクライムサスペンス。亀梨が演じるのは、神奈川県警に新設された架空の特殊部隊「KSBC(神奈川県警捜査分析センター)」に所属する伏見響介。かつて神奈川県警捜査一課の敏腕刑事として名を馳せ、愛する人の命を奪われた過去がある。

[PR]

 撮影初日は、響介の格闘スキルが発揮される1人VS5人のアクションシーンからスタート。当初は10°Cを下回る寒さだったが、亀梨も暴漢役のスタントマンも汗ばむほど、打撃や組み手などが次々と繰り出される高速のアクションが展開した。

 舞台の主演など多忙なスケジュールの合間をぬって始まった連続ドラマのクランクインとなった亀梨。「今回は、KSBC(神奈川県警捜査分析センター)の特別捜査官という役ではありますが、僕はかなり体を使っています(笑)。撮影現場に様々な規制がある中で、キャスト、スタッフみんなで力を合わせてこのチームで作品を作り上げるというワクワク感の中初日を過ごすことができました」と力強く語った。

 KSBCの冷静沈着な指揮官・島原由梨に松下奈緒、情報分析官・長篠文香に趣里、元自衛官の湊川由美子にシシド・カフカ、天才ハッカー・小牧要に松村北斗SixTONES)、元犯罪心理学の大学教授・山崎辰二郎に木村祐一がふんする。演出を「お前はまだグンマを知らない」シリーズなどの水野格ら、脚本をドラマ「絶対零度」シリーズや映画『任侠学園』などの酒井雅秋らが務める。(編集部・石井百合子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]