「おちょやん」道頓堀にシズの悪評が駆け巡る…12月16日のあらすじ

よからぬ噂が道頓堀に…
よからぬ噂が道頓堀に… - (C) NHK

 連続テレビ小説「おちょやん」(月~土、NHK総合・午前8時~ほか)の第13回が12月16日に放送される(以下、今後のあらすじに触れています)。

シズは因縁の再会を果たす…第13回の場面カット【写真】

 連続テレビ小説の第103作「おちょやん」は、明治の末に大阪の貧しい家に生まれた竹井千代(杉咲花)が、女優を目指して奮闘する姿を描く物語。現在は第3週「うちのやりたいことて、なんやろ」に突入している。

[PR]

 女優・高城百合子(井川遥)の失踪騒動と同じころ、道頓堀の劇場では歌舞伎役者の早川延四郎(片岡松十郎)が喝采を浴びていた。延四郎は千秋楽をもって廃業することを決めており、かつて深い因縁のあった「岡安」の女将シズ(篠原涼子)と20年ぶりに再会する。

 その現場を目撃したライバル茶屋「福富」のお茶子が、二人が不義密通の関係であるとの噂を広めたことで、道頓堀中に悪い評判がたってしまう。そんなとき、延四郎が千代を呼び止めて……。(編集部・大内啓輔)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]