ジブリ新作「アーヤと魔女」英語版の豪華キャストが発表!

「アーヤと魔女」英語版で声優を務めるリチャード・E・グラント&ダン・スティーヴンス
「アーヤと魔女」英語版で声優を務めるリチャード・E・グラント&ダン・スティーヴンス - Samir Hussein / Bruce Glikas / WireImage / Getty Images

 スタジオジブリ長編アニメーション「アーヤと魔女」の英語版ボイスキャストを、北米配給を担当する GKIDS Films が発表した。

【画像】実写版『美女と野獣』でのダン・スティーヴンス(右)

 「アーヤと魔女」は、ダイアナ・ウィン・ジョーンズ(『ハウルの動く城』の原作者)の同名児童書を気に入った宮崎駿監督が長編アニメ化を企画し、息子の宮崎吾朗が監督を務めた作品。自分が魔女の娘とは知らずに育った少女アーヤが奇妙な家に引き取られ、意地悪な魔女ベラ・ヤーガ&怪しげな男マンドレークと暮らすことになったことから始まる物語で、スタジオジブリとしては初めて全編3DCGで描かれる。第73回カンヌ国際映画祭オフィシャルセレクションに選出されるなど、世界からの注目度も高い。

[PR]

 英語版のマンドレーク役(日本版:豊川悦司)は、『ある女流作家の罪と罰』でオスカーノミネートを果たしたほか、『LOGAN/ローガン』『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』などへの出演でも知られるリチャード・E・グラント。アーヤの母役はシンガー・ソングライターのケイシー・マスグレイヴスで、ケイシーは英語版のテーマソング「Don't Disturb Me」も歌唱する。黒猫のトーマス役(日本版:濱田岳)は実写版『美女と野獣』のダン・スティーヴンス、アーヤ役(日本版:平澤宏々路)は子役のテイラー・ペイジ・ヘンダーソンだ。

 「アーヤと魔女」は、日本では12月30日午後7時30分~8時52分までNHK総合で放送予定。北米では2021年上旬に劇場公開を予定している。(編集部・市川遥)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]