林遣都「暴走して楽しんだ」買い物シーンの裏話を披露

大九明子監督との撮影を振り返った林遣都
大九明子監督との撮影を振り返った林遣都

 俳優の林遣都が19日、都内で行われた映画『私をくいとめて』公開記念舞台あいさつに来場し、印象に残っているという買い物シーンの裏側を語った。この日はのん臼田あさ美若林拓也片桐はいり橋本愛大九明子監督も来場した。

【写真】のん、ピンクのドレス姿が美しい!イベントの様子

 芥川賞作家・綿矢りさの小説を映画化した同作は、脳内の相談役「A」からアドバイスを得ながら生活する30代独身女性・みつ子(のん)の不器用な恋を描くラブストーリー。みつ子が恋に落ちる年下の営業マン・多田くんを演じた林は、満員の観客を前にして「今日は朝からこの映画を観に来ていただいてありがとうございます。多田くんをやらせていただきました林遣都です。今日はよろしくお願いします」とあいさつ。会場からは大きな拍手が沸き起こった。

[PR]

 本作のインタビューなどで、大九監督の現場は想像もしていなかったことが起きると語っていた林は「それは本当にたくさんあって」と切り出すと、「撮影が終わって、しばらくたってアフレコに行く際に歌を覚えてほしいと言われたり。現場でも急に『遣都くん、ザッパーンといって』と言われたり。でも全部がどういうものになるんだろうというワクワクがありまして。何の疑いもなくやらせていただいたんです」と振り返った。

 その中でも特に印象に残っているのが、みつ子と多田くんが買い物に行くシーンだという。「買い物に行く洋服屋さんの駐車場で、監督から言われたのが『好きなように走り回って』と。どういうことだろうと思ったんですけど……」という林の言葉に会場からはクスクス笑い。

 だが「それは自分の中でかみ砕いて。こんなことができるのも映画の中だけしかないなと思って。暴走して楽しんで。本来(ここまで走るという)止まる位置が決まっているものなんですけど、引きの画面だとどこで止まっていいのか分からない。勢いよく走っているんで。もう分からないだろうと思って、適当に止まって」という形で対処したという。そんな大九演出に触れて、「楽しいシーンばかりでした」と充実した表情を見せる林だった。(取材・文:壬生智裕)

映画『私をくいとめて』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]