『鬼滅の刃』10週連続1位!『約束のネバーランド』3位スタート

映画週末興行成績

311億円超え!
311億円超え! - (C) 吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

 土日2日間(12月19日~12月20日)の全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され、『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』が10週連続で1位を獲得した。

【画像】伊之助、無惨の再現度すごっ!舞台版「鬼滅の刃」

 公開されてから66日間の累計で観客動員数2,317万5,884人、興行収入311億6,664万7,900円まで数字を伸ばしている。19日の観客動員は13万3,068人、興行収入は1億8,778万8,050円、20日の観客動員は14万8,780人、興行収入は2億262万7,400円だった。

[PR]

 大泉洋福田雄一監督がタッグを組んだ『新解釈・三國志』が先週と変わらず2位に入り、18日に封切られた『約束のネバーランド』は3位スタートとなった。白井カイウ出水ぽすかの大ヒットコミックを浜辺美波主演で実写化し、城桧吏板垣李光人らが共演。鬼のための食用児を育てる施設にいることを知った主人公たちが決死の脱出を図る。

 ほか新作では2本立てで公開されている『劇場短編 仮面ライダーセイバー 不死鳥の剣士と破滅の本』『劇場版 仮面ライダーゼロワン REAL×TIME』が5位。仮面ライダーセイバーは破滅の本の封印を解いた不死身の剣士に対して戦いを挑んでおり、仮面ライダーゼロワンは新たな楽園を作り上げようと画策する謎の男エスに挑む。

 ガル・ガドット主演のアクション作品『ワンダーウーマン 1984』が6位に初登場した。『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』の公開を前に再上映されている『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』が10位だった。

 今週は『劇場版ポケットモンスター ココ』『ジョゼと虎と魚たち』『ソウルフル・ワールド』『映画 えんとつ町のプペル』『ソング・トゥ・ソング』などが公開される。(ランキング・数字などは興行通信社、配給調べ)(編集部・海江田宗)

[PR]

【2020年12月19日~12月20日の全国映画動員ランキングトップ10(興行通信社調べ)】※()内は先週の順位

1(1)『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』:10週目
2(2)『新解釈・三國志』:2週目
3(初)『約束のネバーランド』:1週目
4(3)『STAND BY ME ドラえもん 2』:5週目
5(初)『劇場短編 仮面ライダーセイバー 不死鳥の剣士と破滅の本』『劇場版 仮面ライダーゼロワン REAL×TIME』:1週目
6(初)『ワンダーウーマン 1984』:1週目
7(5)『滝沢歌舞伎 ZERO 2020 The Movie』:3週目
8(4)『天外者(てんがらもん)』:2週目
9(6)『劇場版 Fate / Grand Order -神聖円卓領域キャメロット- 前編Wandering; Agateram』:3週目
10(初)『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』:1週目

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]