「おちょやん」成田凌、ヒロインへの絶大な信頼感「杉咲花が素晴らしい!」

成田凌が“喜劇界のプリンス”に!
成田凌が“喜劇界のプリンス”に! - (C) NHK

 連続テレビ小説「おちょやん」(月~土、NHK総合・午前8時~ほか)で“喜劇界のプリンス”天海一平を演じている成田凌が、撮影での苦労やヒロインを演じる杉咲花への思いを明かした。

成田凌『窮鼠はチーズの夢を見る』では鎖骨も際立つ役づくり【写真】

 「おちょやん」は、明治の末に大阪の貧しい家に生まれた千代(杉咲)が、女優への道を駆け上がる姿を描く物語。成田ふんする一平は、人気喜劇一座の座長の息子として生まれ、のちに自分が目指す新しい喜劇を作ることに奮闘することになる。朝ドラへの出演は「わろてんか」以来となる成田は「『役者』を演じるということが続いています。出演者はもちろん、スタッフさんも含めて素晴らしいです。本当は僕も引っ張っていかなきゃいけないのだと思いますが、そんな必要もないなっていうぐらい、楽しく撮影しています」と充実ぶりを明かす。

[PR]

 一平は千代と夫婦になり、二人三脚で奮闘することになる。「今演じている時点での一平は、まだ若くて定まっていなくて、どういう人かわからない状態です。なにを考えているかわからないし、千代に対しても、心で思っていることとは逆の言葉を伝えてしまいます。でも千代にはわかる。一平も伝わっているとわかっています。お互いに境遇が似ているからでしょうか。一平が千代に惹かれたのは、力強く生きていて、自分にウソがなく、人にもウソがなく、真っすぐなところでしょうか」

 また、関西ことばでの演技には心配もあるという成田。「普段から聞いていますが、いつもより関西の芸人さんのラジオなどを聞くようになりました。もともと関西の友達が多いんですが、聞いているだけではわからないので、なるべく日常から関西ことばで話してみようと思っています」と役づくりも続けている。「そろそろ慣れてくるころかなと思うのですが、一つミスしたと思うと、そのことで頭の中がいっぱいになりながら、続きのセリフを話してしまっている感じです」と率直に語る。

 一方で成田は、キャストやスタッフへの信頼は確かなようで、称賛の言葉も惜しまない。「出演している人たちが素晴らしいのはもちろん、映像としても素晴らしいし、スタッフさんを含めてみなさん『いいものを』という気概というか、一人ひとりの放つエネルギーをすごく感じています。そして、なによりも、ただただ『杉咲花が素晴らしい!』そういうことだと思います。彼女が生き生きとそこに存在していれば、それで十分かなと。きっと、みんなに愛してもらえると思います」

 現在放送中の第4週では、一平たち天海一座が久しぶりに道頓堀へと帰ってきた様子が描かれている。「一平は、最後のほうでちょっと意外な方向にいくと思うので、それも楽しんでいただきたいです」と期待を高める成田。ヒロインとの関わりや喜劇界での活躍など、このあと待ち受ける展開から目が離せない。(編集部・大内啓輔)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]