『戦場のメリークリスマス』『愛のコリーダ』修復版、連続公開決定!

最後の大規模ロードショーとなる『戦場のメリークリスマス 4K 修復版』『愛のコリーダ 修復版』ビジュアル
最後の大規模ロードショーとなる『戦場のメリークリスマス 4K 修復版』『愛のコリーダ 修復版』ビジュアル

 故・大島渚監督の名作『戦場のメリークリスマス』(1983)と『愛のコリーダ』(1976)のデジタル修復版が、4月から全国で順次連続公開されることが明らかになった。成瀬慧デザインのビジュアルも公開されている。

 後世に多大な影響を残し、人々に鮮烈な印象を与え続けた鬼才・大島渚監督。今回の上映は、2023年に大島監督の作品が国立機関に収蔵されることから、最後の大規模ロードショーとして企画された。

 『戦場のメリークリスマス』は、デヴィッド・ボウイ坂本龍一ビートたけし内田裕也など、本業が俳優ではない顔ぶれをメインキャストに迎えて描く、ジャワ島の日本軍捕虜収容所を舞台にした異色の戦争映画。本作で初めて映画音楽を手掛けた坂本による「Merry Christmas, Mr. Lawrence」は、映画を観ていない人も知る名曲として、広く愛され続けている。

[PR]

 『愛のコリーダ』は、1936年に起きた「阿部定事件」を題材に、松田英子藤竜也が狂おしいほど求め合う男女を演じた恋愛映画。芸術かエロスかで大きな議論を巻き起こしたことでも話題となり、後に同名書籍を巡って裁判に発展したことでも大きな注目を浴びた。鮮やかによみがえった名作をスクリーンで鑑賞できる、またとない機会となる。

 『戦場のメリークリスマス 4K 修復版』は4月16日、『愛のコリーダ 修復版』は4月30日よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほかにて全国順次公開される。(編集部・入倉功一)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]