「おちょやん」千代は小暮を恋人役に恋愛を学ぶ…1月20日のあらすじ

千代は恋を学べるか!?
千代は恋を学べるか!? - (C) NHK

 連続テレビ小説「おちょやん」(月~土、NHK総合・午前8時~ほか)の第33回が1月20日に放送される(以下、今後のあらすじに触れています)。

千代と小暮の姿を一平が…第33回の場面カット【写真】

 連続テレビ小説の第103作「おちょやん」は、明治の末に大阪の貧しい家に生まれた竹井千代(杉咲花)が、華やかな芝居の世界で女優の道を駆け上がる姿を描く物語。現在は第7週「好きになれてよかった」に突入している。

[PR]

 千代は大部屋女優で中心的な存在の弥生(木月あかり)のピンチを救ったことで、撮影現場への復帰を果たす。だが、千代の恋人役の演技がひどいと監督が激怒。女優を続けるなら、今すぐ恋をしろと忠告を受けてしまう。

 千代は真理(吉川愛)の助言もあって、助監督の小暮(若葉竜也)に恋人のフリを頼むことを思いつく。勇気を出して伝えると、小暮は快諾。デートをする話にも発展するが、その一部始終を見ていたのが一平(成田凌)で……。(編集部・大内啓輔)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]