“12歳の少女”という設定でSNSに登録したら何が起きたか…児童の性的搾取の実態暴くドキュメンタリー4月公開

ドキュメンタリー映画『SNS-少女たちの10日間-』ポスタービジュアル
ドキュメンタリー映画『SNS-少女たちの10日間-』ポスタービジュアル - (c) 2020 Hypermarket Film, Czech Television, Peter Kerekes, Radio and Television of Slovakia, Helium Film All Rights Reserved.

 3名の成人女性が“12歳の少女”という設定でSNSに登録し、何が起こりうるかを10日間にわたって徹底検証した衝撃のドキュメンタリー映画『SNS-少女たちの10日間-』が、4月23日に日本公開される。

【画像】“12歳の少女”を演じた女優たち

 巨大な撮影スタジオに作られた三つの子供部屋に集ったのは、幼い顔立ちの18歳以上の女優3名。彼女たちが“12歳の少女”という設定の下、部屋に設置されたPCを使ってSNSで友達を募集したところ、何と2,458名もの成人男性がコンタクトを取り、卑劣な誘いを仕掛けてきたのだ。「自分からは連絡しない」「12歳であることをハッキリ告げる」「誘惑や挑発はしない」「露骨な性的指示は断る」「何度も頼まれた時のみ裸の写真を送る」「こちらから会う約束を持ちかけない」といったルールの下、精神科医、性科学者、弁護士、警備員など専門家の万全なバックアップとアフターケアを用意して撮影を続けること10日間。撮影されているとは露程も思わず、性的搾取者は“少女たち”に対する欲望の行動をエスカレートさせていく……。

[PR]

 現代の子供たちの身近に潜む危険をありのままに映し出した本作は、SNSと常に接するジェネレーションZ(Z世代)やその親たちを戦慄させ、本国チェコではドキュメンタリーとして異例のヒットを記録。児童の性的搾取の実態が捉えられているため、チェコ警察が刑事手続きのため、本作の映像の提出を求めるなど、実際の犯罪の証拠として現実も動かした大問題作だ。監督は、チェコで活躍するドキュメンタリー作家のヴィート・クルサークバーラ・ハルポヴァーが務めた。(編集部・市川遥)

映画『SNS-少女たちの10日間-』は4月23日よりヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて全国順次公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]