深川麻衣、主演作の初日に感無量「やっとこの日を迎えられた」

初日を迎え「ホッとしています」という深川麻衣
初日を迎え「ホッとしています」という深川麻衣

 女優の深川麻衣が29日、都内で行われた主演映画『おもいで写眞』の初日舞台あいさつに出席し、主演作がようやく初日を迎えた喜びを語った。

【写真】深川麻衣、高良健吾、香里奈が豆まき!

 熊澤尚人監督が自身の小説を映画化した本作は、東京で挫折し祖母の死をきっかけに故郷に戻った女性が、遺影写真を撮る仕事を通じてさまざまな境遇の人々と交流していくさまを描く。この日のイベントには共演者の高良健吾香里奈、熊澤監督も登壇した。

[PR]

 嘘にまつわる切ない記憶から、不器用なほど真っすぐに生きてきたヒロインの結子を演じた深川は、コロナ禍の中、無事公開を迎えたことに安堵の表情を見せ、「やっとやっとこの日を迎えられて感無量。嬉しいです。無事にこの日を迎えてみなさんのもとへ作品を届けることができてホッとしています」と感慨深げにコメント。

 本作は深川、高良、香里奈が所属する芸能事務所・株式会社テンカラットの設立25周年企画として制作された作品でもある。深川は「そこに出させてもらえるのも嬉しいけど、まさか主演で出させてもらえるなんて。自分でいいのかなって。そういうプレッシャーがなかったといえば嘘になります」と告白すると、「(今の事務所に)移籍して5年目になるんですけど、頼もしい先輩に囲まれた中で芝居をするのはわたしにとってとても幸せな時間となりました。この先振り返っても、今の自分を鮮明に思い出せる作品になったと思います」と照れ臭そうな表情で語った。

 高良も「自分が所属している事務所が映画を作ること自体がびっくりでした。それに(事務所の)みんなで映画の中に入っていけたことは嬉しい。事務所に入った頃は慣れないことも多く悩みが多かったなって思い出したりしました」と自身のキャリアを振り返って、感慨深げな様子。香里奈も「25周年という節目の作品に参加させてもらえるのはとても意味のあること。嬉しいです。自分は18歳で(今の)事務所に入って、もう18年目。自分にとっても居心地のいい事務所であり、今後もテンカラットで頑張ろうって思いました」と笑みを浮かべた。

[PR]

 また、来る節分の日(2月2日)にちなみ、「厄を追い払って呼び寄せたい福」をそれぞれ発表することになると、深川は「じゃんけんが強くないので、じゃんけんが強くなる福がほしい」、高良は「宝くじが当たる福とも思ったんですが、それじゃ面白くないので宝くじのCMに出れる福を」、香里奈は「昨年、抽選で2回外れたものがあるんです。PlayStation5なんですけど、今年またチャレンジしたい」とPS5を当てる福がほしいと発表。最後はみんなで豆まきを披露して、仲良くイベントを締めくくっていた。(取材・文:名鹿祥史)

映画『おもいで写眞』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]