「麒麟がくる」光秀の娘・岸役、天野菜月の涙に反響!

天野菜月、初大河で熱演!
天野菜月、初大河で熱演! - (C)NHK

 大河ドラマ「麒麟がくる」の第42回「離れゆく心」が24日に放送され、主人公・明智光秀(長谷川博己)の長女・岸を演じている天野菜月の涙に反響が寄せられた(以下、第42回の放送内容に触れています)。

【写真】豪華!「麒麟がくる」出演者発表会見フォトギャラリー

 「麒麟がくる」は織田信長を討った本能寺の変で知られる戦国武将・明智光秀の謎多き半生に迫る作品。2月7日に最終回の放送を控えており、物語は佳境を迎えている。第42回では終わりの見えない戦いが続いており、毛利攻めの副将である荒木村重までもが信長(染谷将太)に反旗をひるがえした。

[PR]

 天野演じる岸は村重の長男・村次へ嫁いだ光秀の長女で、光秀と光秀の家臣・明智左馬助(間宮祥太朗)は岸の身を案じていた。光秀は荒木村重への説得を試みたが失敗に終わり、岸は荒木家を離縁されて光秀のもとへと戻ってきた。

 光秀を前に岸は「申し訳ござりませぬ」と言って涙を流し、力が足りなかったことを謝る父・光秀と抱き合った。今作が自身初の大河となった天野の熱演に「お岸ちゃんかわいそう」「お岸ちゃんご無事で……」と岸に感情移入した声や、「お岸役の女優さんすごく綺麗な人」「左馬助はお岸ちゃんが気がかりだよね」といったコメントがTwitterに寄せられていた。(編集部・海江田宗)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]