柄本佑、妻役・尾野真千子の芝居に「一瞬にして引き込まれた」

オンライン舞台あいさつに登場した安達もじり(左)と柄本佑(右)
オンライン舞台あいさつに登場した安達もじり(左)と柄本佑(右)

 俳優の柄本佑が29日、映画『心の傷を癒すということ《劇場版》』(公開中)のオンライン舞台あいさつに、テレビドラマ版の総合演出を務めた安達もじりと出席し、妻役として共演した尾野真千子の芝居に魅了されていったことを明かした。

柄本佑主演『心の傷を癒すということ』予告編

 本作は、阪神・淡路大震災時に被災者の心のケアに取り組み続けた精神科医・安克昌氏の著書を原案として、昨年1月にNHKで放送されたドラマ「心の傷を癒やすということ」を再編集した劇場版。柄本は、被災者に寄り添い続ける主人公の医師・安和隆を演じる。

[PR]

 妻・終子役の尾野とは過去にも共演経験がある柄本は、「割と古いんですよね」と二人の関係性について言及。ハッキリとした役を務めることが多い尾野が、今回はおっとりした役柄を演じるため、柄本は「どうやってくるのかな」と撮影前から興味津々だったという。

 そんな思いで臨んだ現場。撮影初日に、映画館から出てくるシーンで尾野が発した一言を聞いて、柄本は「一瞬にして引き込まれました。真千子ワールド全開でしたね」と彼女の芝居に魅了されたという。安達も、「今回は自然と佇むような役でしたが、その通りのお芝居をしてくれました。もう柄本さんと尾野さんに任せておけばいいと思った」と二人に絶大なる信頼を寄せる。

 安達とは本作が初タッグだった柄本は、「もじりさんは、うちの妻(安藤サクラ)が(連続テレビ小説)『まんぷく』で娘と共々お世話になっていたので、親戚のような特殊な距離感だったのですが、周りの人がもじりさんとの仕事はすごく面白いと話しているのを聞いていたので、お話をいただいときには『すぐにやらせていただきます』と伝えました」と共に仕事をすることが念願だったと明かす。

 主人公・隆は精神科医として、どこまでも患者に“寄り添う”ことが求められた。柄本は「でも『寄り添うってなに?』とずっと思っていました。とても悩んだし大変でした」と個性的な芝居を見せてきた柄本をしても、非常に難易度の高い役だったようだ。

 そんなドラマが、劇場版として生まれ変わった。柄本は「ドラマは(原作者の)安先生のご家族にあてたプレゼントという気持ちで撮影しました。それが劇場版になり、また大きなプレゼントが増えたような気がします。それがなによりも嬉しいです」と笑顔を見せていた。(磯部正和)

柄本佑主演『心の傷を癒すということ』予告編 » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]