香取慎吾主演「アノニマス」高橋克実、鞘師里保らが出演!

ゲストキャスト陣!
ゲストキャスト陣! - (C) 「アノニマス」製作委員会

 香取慎吾主演のドラマ「アノニマス ~警視庁“指殺人”対策室~」(テレビ東京系、毎週月曜夜10時~放送中)に、高橋克実が刑事部長役で出演することが明らかになった。さらに、田中美里前川泰之萩原利久鞘師里保川島鈴遥楽駆がゲスト出演することも発表された。

【写真】新たに出演が発表されたキャスト陣

 本作は、SNSでの誹謗中傷をテーマにした新感覚サスペンスドラマ。ある事件を機に捜査一課の第一線から外され、警視庁指殺人対策室に異動となった主人公・万丞渉(香取)が、インターネットの誹謗中傷や炎上といったキーボードによる殺人“指殺人”に苦しむ人々の事件を解決していく姿を描く。

[PR]

 このたび出演が発表された高橋克実は、指殺人対策室に重圧をかける刑事部長・城ヶ崎明文役で5話以降活躍。“座長”香取の印象について高橋は「香取さんとドラマでの共演は、今回が初めてです。少ししかご一緒できませんでしたが、言葉に重みがあり、引っ張って頂いて、アノニマスの世界観にすーっと入って行く事ができました」と語ると、「現場の雰囲気がとても明るく、途中から参加したとは思えないくらい、居心地が良かったです」と振り返った。

 2月15日放送の第4話には、既婚男性とのW不倫を報じられて芸能人叩きの標的となってしまう元アイドルの真壁澪役で田中美里、そんな澪との不倫関係が疑われる柊有起哉役で前川泰之が出演。2月22日放送の第5話は突然増えた誹謗中傷に困惑する大人気動画配信者を中心とした物語で、動画配信者への脅迫行為を行った人物とされる星野秀一を萩原利久、星野が利用していた図書館の司書・山名栞を鞘師里保が演じる。

 また、生配信で拉致・監禁が発覚した男性の救出に奔走するという内容の第6話は3月1日に放送となり、拉致された男性の恋人で専門学生の末松香役で川島鈴遥、香の高校時代の同級生の弟・荒井翔太役で楽駆が登場する。(編集部・吉田唯)

[PR]

キャストコメント全文

■高橋克実(城ヶ崎明文役)
香取さんとドラマでの共演は、今回が初めてです。
少ししかご一緒できませんでしたが、言葉に重みがあり、
引っ張って頂いて、アノニマスの世界観にすーっと入って行く事ができました。
現場の雰囲気がとても明るく、途中から参加したとは思えないくらい、居心地が良かったです。

■田中美里(真壁澪役)
寂しさや孤独に耐えられなくて、どんな人か分からないままネットで繋がりを求めてしまったり、無意識のうちに依存してしまう怖さを痛感しました。香取さん演じる万丞と接して『ちゃんと向き合う』事の大切さも感じることができました。
ネット社会が当たり前の日常に慣れてきた今だからこそ、この作品を通してもう一度見つめ直せたらと思います。

■前川泰之(柊有起哉役)
オファーを頂いたのは、初回放送の前だったので、どんな作品になるだろうと気持ちが昂りました。台本を読んだ時に自分の役柄に関しては思わずニヤリとしてしまいましたが、表情や感情を出す加減が非常に重要なポイントになると感じていたので、その点も視聴者の方に楽しんで頂けたらうれしいです。

■萩原利久(星野秀一役)
「指殺人」という言葉を初めて聞きましたが、とても今の世の中に強いメッセージとなる言葉だと思いました。
台本を読み、現場でお芝居をして言葉が持っている力の強さを改めて感じました。
今回演じた役では、SNSの間違った使い方で人に向けて強い言葉を突きつけてしまいますが、
SNSでは被害者、加害者が紙一重になる危うさも知りとてもやりがいのある役でした。
身近にある問題だと思うので、是非観ていただきたいです。

[PR]

■鞘師里保(山名栞役)
最近特に議論されているSNSでの問題について、様々な立場に立って考えさせられる作品であり、今回ゲストとして、その一部に加えて頂き光栄です。香取さんをはじめ、キャストの皆さん、監督、スタッフの皆さんと話し合いながら、視聴者の方々により伝えられるものをと考えて演じ、とても学びのあった時間でした。星野と栞が心を通わせていく様に注目してご覧いただければと思います。

■川島鈴遥(末松香役)
末松香を演じさせていただきます、川島鈴遥です。
SNSの善悪の境界線はとても難しく、情報の渦の中で自分の感覚や立ち位置がわからなくなるようなこの時代、何を大切に想い生きるべきかということを、今の世の中に強く訴えかけるこの作品に参加させて頂いた事、とても嬉しく思っています。
命の尊さを香取さん演じる万丞さんの言葉で再認識しました。
皆様の心に響くような、そんな作品になっていれば嬉しいです。

■楽駆(荒井翔太役)
ドラマを楽しみにしていたので、作品に出演させて頂くことが決まった時、本当に嬉しく、そして光栄に思いました。SNS社会での想像力、発信の怖さ、責任などを改めて撮影を通して感じ、周りの大事な人たちのことをもっと大切にしたいと思いました。この時代に生きる人々が救われるドラマになっていると思います。僕は今回、この作品の異物になれるよう全力で臨みました。是非観て頂ければと思います。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]