「おちょやん」明日海りお、初の朝ドラで舞台との違いを実感

“ルリ子劇場”も話題の高峰ルリ子を演じる明日海りお
“ルリ子劇場”も話題の高峰ルリ子を演じる明日海りお - (C) NHK

 連続テレビ小説「おちょやん」(月~土、NHK総合・午前8時~ほか)で、高峰ルリ子役を務めている元宝塚歌劇団の花組トップスター・明日海りお。「自分にとって生活の一部」だったという朝ドラへの出演を果たした明日海が、演じるルリ子の魅力や撮影で感じた舞台との違いについて語った。

ギャップ!宝塚時代の明日海りお【写真】

 杉咲花がヒロインを演じる「おちょやん」は、明治の末に大阪の南河内の貧しい家に生まれた竹井千代が、女優を目指して奮闘する姿を描く物語。明日海ふんするルリ子は新派出身の女優で、かつては東京で主役を張るほど人気を誇ったが、大山鶴蔵社長に頼まれて鶴亀家庭劇のメンバーに加わることに。最初は喜劇をバカにしていたものの、やがて女優魂を燃やしていくことになる。

[PR]

 初の朝ドラ出演に「小さな頃から家族と朝ごはんを食べながら観ていたので、自分にとって生活の一部でした。そんな番組に自分が出演するということが信じられない気持ちと、初めて出演できるといううれしい気持ちの両方です」と喜びを明かす明日海。役どころについては「ルリ子は東京の新派の名門劇団出身で、その劇団の主役を務めたこともあり、プライドもあります。私自身も宝塚歌劇団を卒業しましたので、ある程度共通点があるのではないかと感じました」と語る。

 「台本を読み進めていくと、恋人だった劇団の主宰を奪われ、主役の座からも降ろされ、ずっと一緒にやってきた仲間たちから後ろ指を指されるような形で辞めざるをえなかった、ルリ子の悲しい過去が明らかになってきました。それでも舞台に立ちたい、芝居を続けたいと新たに鶴亀家庭劇で頑張ろうとしても、自分のプライドが邪魔になって衝突してしまいます。高飛車な態度で強い女性ですが、次第にだんだんとほぐれていき、ルリ子の内面の成長や他の団員との交流のなかで絆が深まっていくのを見ていただければと思います」

 宝塚では花組トップスターとして活躍した明日海は、朝ドラのほかにもドラマ「青のSP(スクールポリス)-学校内警察・嶋田隆平-」などに出演するなど、活動の場を広げている。舞台との違いも少なからずあるようで、「舞台に立っている時は、客席を基準にして自分の見え方や相手との立ち位置を考えていたんですが、ドラマは同時に何台ものカメラがいろいろな方向から撮影するので、どの角度から、どういう画を撮りたいのかということを瞬時に察知する感覚が最初はなかなかつかめなくて、まずはカメラに慣れるのが課題です」と話す。

[PR]

 「また、宝塚歌劇団のときの癖で、演じようとすると大きな声を出してしまうので、なるべくナチュラルな発声でやろうと思って撮影に臨んだのですが、実際に初めてリハーサルに参加したときに、千代ちゃんをはじめ皆さんが本当にパワフルでエネルギッシュで、ボリュームとかそんなことを気にしている次元じゃない、思い切りやろうとふっきれました。ヒロインの千代ちゃんも一平さん(成田凌)もとても包容力があって落ち着いていて、周囲の人たちが演じやすいようにリラックスさせてくださっています。でもいざ撮影が始まると集中力を瞬時に発揮して空気をがらりと変えてくださるんです」

 登場時より、どこかカメラを意識したような身振りを見せていたルリ子。8日の放送回では、一人芝居のごとく身上について語り、本領発揮といえる“ルリ子劇場”で存在感を発揮した。今後のさらなる活躍に期待が高まるが、明日海は「ヒロイン・千代ちゃんの人生は波乱万丈です。1日15分の中に涙あり、でも笑いもたくさんある毎朝のドラマを楽しんでいただき、良い1日の始まりになればと思います。私の演じる高峰ルリ子も、最初は嫌な人だと思ったけどかわいげもあるなと思っていただけたらうれしいです」と視聴者にメッセージを寄せている。(編集部・大内啓輔)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]