西銘駿&飯島寛騎の“キャラ名”は?お互いに発表!

ナイスポーズ!
ナイスポーズ!

 西銘駿飯島寛騎が11日、ユナイテッド・シネマ豊洲で行われた映画『ツナガレラジオ~僕らの雨降Days~』公開記念トークショーに来場、お互いを「急行電車」「7頭身早男」と命名しあうひと幕があった。

【写真】イケメン、ずらり!(イベントの様子)

 映画、ドラマ、舞台などで活躍中の若手俳優たちがペアを組んでパーソナリティーを務めるWEBラジオ「おしゃべや」の映画版。神奈川県伊勢原市大山にある小さなラジオ局を舞台に、10名のワケあり男子たちの共同生活を描き出すオリジナルストーリーだ。この日のイベントには、西銘、飯島のほか、阿久津仁愛井阪郁巳橋本祥平深澤大河ゆうたろう立石俊樹醍醐虎汰朗も来場した。

[PR]

 川野浩司監督が「現場がうるさすぎた」と振り返るほどに、同世代ということですぐに打ち解けたというキャストたち。その中でも特ににぎやかだったのは西銘と伊阪だったようで、伊阪が「撮影の時はスケジュールもタイトだったので、コミュニケーションを取るのは大変だったけど、番宣などで西銘くんとご一緒して。僕も騒がしいと言われるけど僕以上。(自身がペアを組む阿久津)仁愛って大変なんだなと気づかされました。(西銘とペアを組む)飯島くんは寛大ですよ」と証言。西銘は「存在感があったということかな」と笑ってみせた。

ツナガレラジオ

 本作では、奥田民生JUDY AND MARY岡村靖幸GAOSomething ELse など、1990年代を代表するJ-POPアーティストの名曲を、キャスト陣がニューアレンジでカバー。「生まれる前の曲なので、半分くらい知っていて。半分くらいが知らない曲でした」と飯島が振り返れば、西銘も「僕も生まれる前、お母さんのお腹にいた頃の曲なので。あの名曲を自分たちで歌うのは緊張しましたし、プレッシャーもありましたね」と振り返った。

[PR]

 映画に登場するキャラクター名は、元劇団員のことを「アクト」、豆腐屋の息子のことを「ニガリ」というようにキャッチコピーのような愛称となっている。そこでイベントでは、パーソナリティーとしてコンビを組む相手にキャラクターネームを命名しようというひと幕も。その中で、飯島が西銘に対して命名したのは「急行電車」。その真意について「彼は止まることを知らないんですよ」と明かす飯島。

ツナガレラジオ

 一方の西銘は飯島のことを「7頭身早男」と命名。西銘は「7頭身が名字で、早男が名前。この人は早食いと早歩きがとんでもないんですよ。弁当も15秒で食べますからね。早歩きというか、走っているのと一緒。駅から一緒に歩いていても、どんどん前にいきます」と説明。その言葉に対して飯島は「時間がもったいないんですよね。せっかちなところがあって。(西銘は)歩くのがゆっくりだから、置いていっちゃうんです」と返してみせた。(取材・文:壬生智裕)

映画『ツナガレラジオ~僕らの雨降Days~』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]