「おちょやん」千代はみつえと福助を応援するが…11週のあらすじ

千代は一平にあることを働きかける
千代は一平にあることを働きかける - (C) NHK

 連続テレビ小説「おちょやん」(月~土、NHK総合・午前8時~ほか)が2月15日から11週目を迎える(以下、今後のあらすじに触れています)。

初興行は大盛況で幕を閉じたが…第11週の 場面カット【写真】

 「おちょやん」は、明治の末に大阪・南河内の貧しい家に生まれた竹井千代(杉咲花)が、女優を目指して奮闘する姿を描く物語。2月15日からは第11週「親は子の幸せを願うもんやろ?」に突入する。

[PR]

 鶴亀家庭劇の初興行は大盛況のうちに幕を閉じた。次の公演は1か月後と決まり、一平(成田凌)は以前却下された台本を書き直して、千之助(星田英利)に次の興行はこれでやりたいと伝える。一平が書いた「母に捧ぐる記」は、母の無償の愛を描いたものだった。

 その頃、シズ(篠原涼子)の一人娘であるみつえ(東野絢香)のもとに縁談話が持ち上がっていた。みつえはきっと一平のことを好きに違いないと思い込んだ千代は、一平にみつえのことを振ってあげるよう働きかける。だが、意外にも、みつえが思いを寄せていたのは福助(井上拓哉)で、しかも二人はすでに付き合っているという。

 問題は、彼らの母親であるシズと菊(いしのようこ)が犬猿の仲であるということ。千代はなんとか二人の仲を認めさせようと働きかけるも、シズと菊は絶対に認めようとしない。この二人の仲の悪さは先代からの因縁もあって非常に根深く、みつえと福助は絶望し、駆け落ちしようとしていた。

 そんななか、鶴亀家庭劇の公演が近づき、稽古が始まる。一平の「母に捧ぐる記」は千之助に大幅に書き直され、題名も「マットン婆さん」と大きく異なるものに変えられてしまう。しかも、主役のお婆さん役はまたしても千之助がやるという。公演まで時間もなく、一平は悔しさをこらえて受け入れることにする。(編集部・大内啓輔)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]