第25回サテライト賞『ノマドランド』が作品賞含む3部門受賞

映画『ノマドランド』より
映画『ノマドランド』より - (C) 2020 20th Century Studios. All rights reserved.

 芸能ジャーナリストが所属する団体「インターナショナル・プレス・アカデミー」主催の第25回サテライト賞が発表され、映画部門では、フランシス・マクドーマンドが主演を務める『ノマドランド』が作品賞(ドラマ)を含む3部門を受賞した。

【画像】アニメーション/ミックスメディア映画賞に輝いた『ウルフウォーカー』

 『ノマドランド』は企業の倒産とともに住処を失った60代の女性が、“現代のノマド(遊牧民)”として広大な自然の中を旅するロードムービー。ベネチア国際映画祭&トロント国際映画祭での最高賞受賞に続き、本年度の賞レースでも存在感を発揮しており、アカデミー賞の前哨戦となるサテライト賞でも作品賞(ドラマ)、主演女優賞(フランシス)、監督賞(クロエ・ジャオ)を獲得している。

[PR]

 また、アニメーション/ミックスメディア映画賞にノミネートされていた『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』は惜しくも受賞を逃す結果に。同賞は、アイルランドのアニメーションスタジオ、カートゥーン・サルーンの新作『ウルフウォーカー』が受賞した。

 第25回サテライト賞映画部門の主な受賞結果は以下の通り。(編集部・倉本拓弥)

■作品賞(ドラマ)
『ノマドランド』

■作品賞(コメディー/ミュージカル)
40歳の解釈:ラダの場合

■主演男優賞(ドラマ)
リズ・アーメッド 『サウンド・オブ・メタル ~聞こえるということ~』

■主演男優賞(コメディー/ミュージカル)
サシャ・バロン・コーエン 『続・ボラット 栄光ナル国家だったカザフスタンのためのアメリカ貢ぎ物計画』

■主演女優賞(ドラマ)
フランシス・マクドーマンド 『ノマドランド』

■主演女優賞(コメディー/ミュージカル)
マリア・バカローヴァ 『続・ボラット 栄光ナル国家だったカザフスタンのためのアメリカ貢ぎ物計画』

■助演男優賞
チャドウィック・ボーズマン 『ザ・ファイブ・ブラッズ』

■助演女優賞
アマンダ・セイフライド 『Mank/マンク

■監督賞
クロエ・ジャオ 『ノマドランド』

■脚本賞
エメラルド・フェネル 『プロミシング ・ヤング・ウーマン(原題) / Promising Young Woman』

■脚色賞
フロリアン・ゼレール&クリストファー・ハンプトン 『ファーザー

■アニメーション/ミックスメディア映画賞
『ウルフウォーカー』

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]