「100日後に死ぬワニ」映画化!神木隆之介がワニ役、中村倫也がネズミ役

大切なものを失った仲間たちのその後の姿も描かれる
大切なものを失った仲間たちのその後の姿も描かれる

 2019年12月12日から2020年3月20日までTwitterに100日間毎日投稿されて話題になった4コマ漫画「100日後に死ぬワニ」が、『100日間生きたワニ』のタイトルでアニメーション映画化され5月28日に全国公開されることが発表された。神木隆之介がワニ、中村倫也がネズミの声を担当する。

【写真】かわいい!子役時代の神木くん

 きくちゆうきによる原作は、何気ないワニの日常をつづった4コマ漫画作品。映画では100日間のワニの日常と、そこから100日後、大切なものを失った仲間たちのその後の姿を描く。神木と中村のほかモグラ役で木村昴、ヒロインのセンパイ役で新木優子が参加し、映画『カメラを止めるな!』の上田慎一郎、アニメーション監督のふくだみゆき夫妻が監督・脚本を務める。

[PR]

 神木は“神木ワニ之介”名義で「この度、ワニ君をやらせていただくことになりました! 元々、原作はSNSで見ていたので、とても嬉しかったですし、中村倫也くんとまたご一緒できるのが楽しみで仕方ありません」とコメント。「『今、この瞬間』という大事さを伝えられたらいいなと思っております!! よろしくお願いします!」と続けている。

 一方の中村は「正直に話しますと、オファーをいただいた時『流行ったからって映画化してぇ~』と勘ぐってしまいました」と明かしつつ、「しかし映画版オリジナルの展開やそこに込めた想い、また改めて原作に触れた時に、これは意義のある作品になると強く感じると同時に、自分の先入観を反省しました。ネズミくんがどんな喋り方になるのか、僕自身楽しみです」と語っている。

 昨年1月の時点で「映画化したい」と思っていたという上田監督はコロナ禍を受けて脚本を大きく書き直し、タイトルも変更したそう。「時代をこえる普遍的な物語でありながら、今しか創れなかった、今観てほしい映画にもなると思っています」と話し、「原作のきくち先生をはじめ、スタッフと議論を重ねながら、妻ふくだとともに自分たちだからこそ創れるアニメ映画をめざして鋭意制作中です。この映画が、今を生きる誰かの力になれますように」とメッセージを送っている。

 「宇宙戦艦ヤマト」などの湖川友謙がコンテ・アニメーションディレクトとして参加するほか、亀田誠治が音楽を担当。いきものがかりの書き下ろし曲が主題歌に使用される。(編集部・海江田宗)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]