森七菜、松村北斗からの「尊敬」に大恐縮!

『ライアー×ライアー』にダブル主演した森七菜と松村北斗
『ライアー×ライアー』にダブル主演した森七菜と松村北斗

 森七菜が20日、TOHOシネマズ六本木ヒルズにて行われた映画『ライアー×ライアー』公開記念舞台あいさつに登壇。ダブル主演を務めた松村北斗SixTONES)から「本当に尊敬しています」とメッセージが送られると「そんな……恐縮です」と恥ずかしそうに語っていた。舞台あいさつには、堀田真由七五三掛龍也Travis JapanジャニーズJr.)、耶雲哉治監督も出席した。

【写真】松村北斗、共演者へ直筆メッセージ!

 本作は、金田一蓮十郎の人気コミックを『百瀬、こっちを向いて。』などの耶雲監督が実写映画化。大学生の湊(森)と湊の義理の弟・透(松村)が、小さな嘘によって、お互いの複雑な胸の内に向き合う姿を描いたラブコメディーだ。

[PR]

 森は劇中、同一人物ながら恋愛経験ゼロの地味系女子大生・湊と、ギャルJKの“みな”という二役を担った。松村はプロモーション活動中、森のすごさを何度もメディアを通して伝えており、この日松村はサプライズで森に「撮影中、チームをひっぱってくれてありがとう! 本当に尊敬しています。『ライアー×ライアー』大ヒットさせましょう」と直筆のメッセージを送る。

 松村は森を見ると「ダブル主演を務めて改めて(森の芝居に対して)尊敬の念がありました」と感情を込めて語りかけると、森は「尊敬だなんて……」とやや後ずさり「本当に恐縮です」と照れくさそうに語っていた。

ライアー×ライアー

 劇中で森が演じた湊がお城マニアであることにちなんで、話し出したら止まらないほど熱中しているものを聞かれると、森は「車のゲームです」と回答。いまとにかくハマっているようで「やり出すと止まらないんですよね。でもいくらやっても10位とか12位にしかなれない。全然うまくならないんです」とコメントした。

[PR]

 座席数は制限されているものの、会場には映画を鑑賞したファンが詰めかけた。森は劇場を見渡すと「こうして『ライアー×ライアー』を観てくださった方々の顔を拝見できてすごく嬉しいです。とても幸せな気持ちです」と満面の笑みを浮かべる。続けて森は「この作品は本当に素敵な映画だと思っています。いまあまり世の中は元気がありませんが、この映画で世の中を元気にしたいと思っているので、皆さんも一緒に盛り上げていただけると嬉しいです」と呼びかけていた。(磯部正和)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]