「おちょやん」千代は一平に初代天海の思いを届ける…3月5日のあらすじ

千代が一平に駆け寄り…
千代が一平に駆け寄り… - (C) NHK

 連続テレビ小説「おちょやん」(月~土、NHK総合・午前8時~ほか)の第65回が3月5日に放送される(以下、今後のあらすじに触れています)。

千代は一平のただならぬ雰囲気を察して…第65回の場面カット【写真】

 連続テレビ小説の第103作「おちょやん」は、明治の末に大阪の貧しい家に生まれた竹井千代(杉咲花)が、華やかな芝居の世界で女優の道を駆け上がる姿を描く物語。現在は第13週「一人やあれへん」に突入している。

[PR]

 一平(成田凌)は二代目天海天海の襲名公演をもって、芝居を辞める覚悟を固める。そして、今まで書き直してきた大切な台本を一冊ずつ燃やしていくのだった。これまでのただならぬ雰囲気を察していた千代が一平のもとに駆け寄ると、その場に遭遇する。

 千代は天海親子のすべてを知るハナ(宮田圭子)から託された、初代天海天海の思いを一平に届ける。幼き日の一平が父親にとってどんな存在だったのか、千代は語りかける……。(編集部・大内啓輔)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]