インスタでスカウト!劇場版も公開の新スーパー戦隊主演・駒木根葵汰の素顔とは?

駒木根葵汰
駒木根葵汰

 スーパー戦隊シリーズ45作目にあたる「機界戦隊ゼンカイジャー」(テレビ朝日系・3月7日スタート)で、主人公のゼンカイザー/五色田介人役に抜てきされた駒木根葵汰(こまぎね・きいた)が、本作への熱い思いと、芸能界入りのきっかけを語った。

【動画】「機界戦隊ゼンカイジャー」駒木根葵汰は妄想好き!?

 本作は、これまでのスーパー戦隊シリーズと違い、1人の人間と4体のロボットが悪に立ち向かう物語。唯一の人間ヒーロー、ゼンカイザー/五色田介人を駒木根が演じる。3月7日のテレビ放送を前に、映画『スーパー戦隊MOVIEレンジャー2021』の1作として『機界戦隊ゼンカイジャー THE MOVIE 赤い戦い!オール戦隊大集会!!』が公開されている。

[PR]

 駒木根の芸能界入りのきっかけは、Instagramだった。「高校に入学したとき、周りはSNSブームだったのですが、僕はまだSNSをやっていなくて。それで周りについていくために、Instagramを始めたんです」と振り返る。「その頃は、やり方も全くわかってなかったんです。それで、文化祭や体育祭で集合写真を撮った写真をあげていたら、いつの間にかたくさんの方に見ていただくようになったんです」という。結果、「イケメン高校生」と話題になり、それを見た現在所属する芸能事務所から、Instagramでメッセージをもらい、スカウトされた。

映画『機界戦隊ゼンカイジャー THE MOVIE 赤い戦い!オール戦隊大集会!!』より - スーパーヒーロープロジェクト (C) テレビ朝日・東映AG・東映

 Instagramという今時らしいSNSツールを使っての芸能界入りだが、当の本人は当初、芸能界に興味がなかったそうだ。「高校2年生くらいのとき、周りのみんなが就職活動や進路のことを考え始めてきて。僕は、漠然と海外に行こうと」と意外な進路を考えていた。そんなときにスカウトされたことで芸能界への関心が湧き、現在に至るが、俳優となった実感はあるのだろうか。「俳優になったというよりも、今は、ただやりたいことをやっている感じなんです」と笑顔を見せながら、率直な気持ちを明かす。

[PR]

 また、俳優のほかにモデルとしても活躍する駒木根だけに、「最近はファッションブランドを立ち上げている方も多いので、ファッション系のことにも興味があるんです」とも語り、さらには「コロナが終息した時には、海外に行っていろんな国のいろんな文化にも触れてみたい」と夢は限りない。

 だが、今は「機界戦隊ゼンカイジャー」に全力全開で臨んでいる。取材時、TVシリーズの3、4話の撮影中だった駒木根。演じている介人のコスチュームも馴染んできたようで、「やっぱり、この衣装を着るとテンションが上がるみたいで、気持ちもすっかり、スーパー戦隊ヒーローになった気になります」とキリッとした顔つきに。撮影現場では今までと違い、「自分よりもキャリアはもちろん、年齢も上の人ばかり。『ゼンカイジャー』のロボットの声を担当する声優さんたちもすごい方たちで引っ張っていただいてます。みなさんの背中を見て、どうやって追いかけていくか。それが僕の課題で、毎日が学ぶことばかりです」と真剣なまなざしで答えていた。

「機界戦隊ゼンカイジャー」主演の駒木根葵汰

 また、「全力全開で一生懸命作り上げた」という劇場版についても、「アカレンジャーはじめ過去のレジェンドヒーローたちが集結している正面に、レジェンドの怪人たちも集結しているという点はこの作品でしか観ることができないし、すごく面白いと思いました。本当に大迫力でしたし、僕も小さいころから戦隊を観ていた身として、すごく感情が高ぶりました。あの迫力は大きいスクリーンで皆さんにも観ていただきたいです」とアピール。人気俳優の登竜門でもあるスーパー戦隊シリーズからどんな新星が誕生し、育つのか。注目したい。(取材・文:前田かおり)

「機界戦隊ゼンカイジャー」駒木根葵汰は妄想好き!?|イケメン調査隊 » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]