竹内涼真、肉体改造に励む理由 きっかけはLiLiCo?

再び羽住組への参加を熱望した竹内涼真
再び羽住組への参加を熱望した竹内涼真

 俳優の竹内涼真が13日、新宿ピカデリーで行われた、映画『太陽は動かない』の公開御礼ティーチインイベントに、タレントのLiLiCo羽住英一郎監督と共に出席した。近年、本作を含め、たくましい肉体を披露する機会も多い竹内は、体を鍛えるきっかけになったエピソードを明かした。

【画像】ヒゲがシブい!竹内涼真

 人気作家・吉田修一のサスペンス小説を『海猿』シリーズなどの羽住監督が映画化した本作。秘密組織・AN通信に所属するエージェント・鷹野(藤原)と田岡(竹内)が、人類の未来を左右する、次世代エネルギーに関する極秘情報の争奪戦に巻き込まれていく姿を描く。東欧ブルガリアで約1か月に及ぶ海外ロケを敢行。藤原と竹内は、壮絶なカーアクションや列車を丸ごと貸し切って撮影されたファイトシーンなど、体を張った撮影に挑んでいる。

[PR]

 竹内とは、かなり若いころから親交があるというLiLiCoは「最近、本当にムキムキだよね」と話をふると「鍛えているのってわたしの影響じゃない?」と一言。「出会ったころの涼真くんは、すごく細かったんだよね。ちょうどそのとき、わたしはプロレスやボディービルをやっていたので、どうやって体を鍛えているのか、すごい聞かれた」と当時を振り返る。

 「確かにありましたね」と返した竹内は、俳優デビューをしてからしばらくは、あまり体を鍛えて臨むような映画との出会いがなかったと回顧。しかし、作品を重ねるごとに、役に入っていくうえで、体作りが重要なプロセスになることに気づいたといい、ちょうどLiLiCoと出会ったころは、肉体改造への意識が強くなっていたという。そんな竹内の発言に「やっぱりわたしがきっかけか?」とLiLiCoも得意げ。竹内も「発端はLiLiCoさんかもしれませんね」と認めていた。

 そんな竹内は今回、羽住組の現場に触れたことで、大きな影響を受けたという。「日本映画なんて……と言われるのは、俳優をやっていてとても悔しいんです。でも、本当にすごいチームですごい映画が完成しました。僕は、羽住監督ともう一度お仕事がしたいです」とラブコールを送っていた。(磯部正和)

映画『太陽は動かない』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]