吉永小百合、松坂桃李、広瀬すず、西田敏行『いのちの停車場』メインビジュアル&場面カット!

『いのちの停車場』メインビジュアル
『いのちの停車場』メインビジュアル - (C) 2021「いのちの停車場」製作委員会

 吉永小百合が主演を務める映画『いのちの停車場』(5月21日公開)から、メインビジュアルと場面カットが公開された。

【写真】吉永小百合を見つめる広瀬すず

 現役医師でもある作家・南杏子による「いのちの停車場」(幻冬舎文庫)を、『八日目の蝉』や『ソロモンの偽証』シリーズなどで知られる成島出がメガホンを取り映画化。東京の救命救急センターで働いていた主人公・咲和子が、ある事件をきっかけに、故郷の金沢で「まほろば診療所」の在宅医師として再出発をするさまを描く。咲和子を吉永が演じ、松坂桃李広瀬すず西田敏行など豪華キャストが名を連ねる。

[PR]

 「まほろば」のメンバーである咲和子、野呂(松坂)、麻世(広瀬)、仙川(西田)のが診療所の前に揃うメインビジュアルのほか、「まほろば」メンバーの憩いの場「BAR STATION」で食卓を囲む和やかなシーンや、病に苦しむ咲和子の父親・白石達郎(田中泯)からのある重大な相談について雪の降る中ひとり思い悩む咲和子に、麻世が正面から向き合う場面カットなどを見ることができる。

 また、老老介護をする徳三郎(泉谷しげる)、難病を患う少女・萌(佐々木みゆ)と向き合う咲和子たちが、在宅医としての難しさに直面する場面なども収められている。(編集部・梅山富美子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]