「おちょやん」テルヲが千代に涙で詫びる…15週を振り返り!

圧巻演技を見せたテルヲ役のトータス松本
圧巻演技を見せたテルヲ役のトータス松本 - (C) NHK

 現在放送中の連続テレビ小説「おちょやん」(月~土、NHK総合・午前8時~ほか)が15週目を迎えている。今週の見どころを振り返ってみたい(一部、あらすじに触れています)。

千代とテルヲ、圧巻のやりとり…接見室シーンの場面カット【写真】

 「おちょやん」は、明治の末に大阪・南河内の貧しい家に生まれた千代(杉咲花)が、女優として奮闘していく姿を描く物語。3月15日から物語は第15週「うちは幸せになんで」に突入した。

[PR]

 万太郎一座には敗れたものの、結束力は増すばかりの鶴亀家庭劇の劇団員たち。そんなとき、千代の父テルヲ(トータス松本)が突然、芝居茶屋「岡安」に現れて大騒ぎになる。ボロボロの姿のテルヲは、これまでのことをすべて謝ろうとするが、千代は冷たく拒絶。テルヲは千代が一平(成田凌)と暮らす家にも押しかけ、しつこくつきまとう。

 一座の稽古場にも現れては場違いな振る舞いで千代を困らせるテルヲ。千之助(星田英利)たちと会って話をするうちに、役者としての千代のことを何も知らなかったことに気づかされ、テルヲは思わず涙を流すのだった。

 そんななか、鶴亀家庭劇は東京の演劇雑誌の取材を受けることに。その当日、姿を見せたテルヲが借金の取り立て屋と揉めてしまい、警察がやって来る騒ぎになってしまう。テルヲは最期の時を前に、接見室で千代に過去の非道を詫びる。あまりに悲しい親子のやりとりに、果たして千代は……。

 登場のたびに波乱を巻き起こし、視聴者の感情を揺さぶってきたテルヲを演じた松本は、今回が初の朝ドラ出演。接見室でのシーンで見せた熱演には、SNSでも大きな反響を呼んでおり、その俳優としての実力を見せつけた。なお、番組の公式サイトでは「テルヲのいいわけ」としてコラムを掲載。劇中でテルヲが発した数々のセリフについて、松本の率直な思いを読むことができる。(編集部・大内啓輔)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]