鈴木亮平&吉岡里帆、慣れないラブコメに「キュンってなんだろう」

鈴木亮平&吉岡里帆
鈴木亮平&吉岡里帆 - (C) フジテレビ

 鈴木亮平吉岡里帆が30日、フジテレビ系で放送スタートとなる木曜劇場「レンアイ漫画家」リモート制作発表会見に出席し、2人ともラブコメにはあまり慣れていないと語りつつも、「胸の奥底がえぐれらるようなキュンを目指して撮っていきました」と笑顔をみせた。

【写真】鈴木亮平、サプライズケーキに驚き!吉岡里帆も笑顔

 山崎紗也夏の同名コミックをドラマ化した本作は、漫画一筋で恋愛が超苦手な天才少女漫画家・刈部清一郎(鈴木)と、ダメ男ホイホイと呼ばれる崖っぷち女子・久遠あいこ(吉岡)という恋に不器用な二人が繰り広げるラブストーリー。

[PR]

 王道ラブコメに出演することについて「映画では(ラブコメに出演したことは)ありますけど、テレビで、皆さんに同時期に観ていただけるような作品は初めて。撮影しているときはそうでもなかったですが、いよいよオンエアが近づくと緊張してきましたね」と語った鈴木は、「でもラブコメは好きなので、お話をいただいたときはうれしくて。ひたすら楽しくやらせていただきました。特に夜のキラキラしたシーンのロケってあこがれだったので、光栄でした」と満足げな表情を浮かべる。

 一方の吉岡も、ラブコメの経験はそれほどなかったと明かす。「自分もわからないことだらけで、まず鈴木亮平さんとキュンってなんだろうねと話をしたくらい」と振り返り、「劇中の清一郎とあいこも、恋愛ってなんだろう、キュンってなんだろうと模索していくんですけど、役柄と通じるところがあったというか。わたしも愛を伝えるってなんだろう。キュンってなんだろうと考えたことはなかったなと感じました。でもこのドラマは、普通の胸キュンドラマとは違って、その先にある本質的な愛の話になるので、胸の奥底がえぐれらるようなキュンを目指して撮っていきました」と感想を述べる。

 劇中、恋愛が苦手な清一郎が描くマンガの取材のために、疑似恋愛をするというムチャぶりミッションが次々と課せられ、あいこはいろんなキャラクターにふんすることになるという。「いろんなキャラクターで、いろんな設定の恋愛を体験させていただいて、どれも刺激的でした」と回顧する吉岡は、「なかでも、あざとい女子は、持てる限りのあざとさを詰め込んだ、渾身(こんしん)のあざとい女子になりました。かなり突っ切っています。ただ、もともとあいこにはそういう(あざとい)能力がなくて、疑似恋愛を成功させるために、ぱっと見はそう(あざとく)見えても、中身が伴っていない感じが出ているかなと」と説明。鈴木も「僕もまだ観ていないので、どれくらいあざといのか楽しみです」と返していた。

[PR]

 撮影も順調だったようで、眞栄田郷敦小西桜子奥平大兼竜星涼木南晴夏片岡愛之助ら共演者についても「嫌な人がひとりもいなくて。本当に楽しく撮影が進みました」と笑顔を見せていた。

サプライズで用意されたバースデーケーキ (C) フジテレビ

 また、3月29日は鈴木の38歳の誕生日ということで、この日はサプライズでバースデーケーキを用意し、鈴木をお祝いすることに。すでに誕生日を過ぎていたこともあり、鈴木もこのサプライズは想定外だったようで「まったく思ってもみなかった。ビックリした。(誕生日は)昨日だもん」と驚きを隠せない様子を見せつつも、コメントを求められると「自然体で頑張っていきたいと思います」と意気込んでみせる。そして「今日はお集まりいただいたうえに、わたしを祝っていただいて。最高のバースデーになりました。『レンアイ漫画家』はこの春、一番ピュアなラブストーリーじゃないかなと思います。大人のピュアな物語を家族全員で楽しんでいただけたら」とメッセージを送った。(取材・文:壬生智裕)

木曜劇場「レンアイ漫画家」は4月8日よる10時よりフジテレビ系にて放送開始(初回は15分拡大放送)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]