菅田将暉×Fukase『キャラクター』結末違う小説&マンガが発売へ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ノベライズ版「キャラクター」
ノベライズ版「キャラクター」 - (C) 長崎尚志/小学館

 俳優の菅田将暉と人気バンド SEKAI NO OWARI のボーカル・Fukaseが共演することで話題の映画『キャラクター』(6月11日公開)が、ノベライズ&コミカライズされる。

【写真】小栗旬、高畑充希、中村獅童も出演!『キャラクター』ビジュアル

 このたび、映画の公開に先駆けてノベライズ版が5月7日に、コミカライズ版が5月28日に発売されることが発表された。ノベライズ版は、映画版の脚本・原案を手掛け、「20世紀少年」「MASTERキートン」といった多くの浦沢直樹作品でストーリー共同制作を務めてきた長崎尚志自らが執筆。コミカライズ版は、3月27日発売の「月刊!スピリッツ」5月号から短期集中で連載となる。

[PR]

 映画、小説、漫画はそれぞれ異なる展開と結末になるといい、長崎は「映画『キャラクター』は企画段階でさまざまな映画監督の間を行きつ戻りつし、実現までにほぼ10年を費やした作品です。それだけに書いたシナリオは実に20稿! それぞれが異なった結末になっています。小説版『キャラクター』はその中で、どれが映画版と同じくらい面白いか担当編集者に吟味してもらい、選ばれた第12稿をもとに創作したものです。冒頭はほぼ映画版と同じ流れですが、中盤から大きく変わり、終盤はまったく異なる展開になっています」と小説版について明かしている。

 さらに、マンガ版は「映画のシナリオを、マンガ家のいわや晃氏にそのままお渡しし、『好きなように変えていいですから』と言づけたもの。いわや氏もまた、映画版と同じではつまらないと、ラストは驚愕の展開になっています」と説明し、「とはいえ、小説もマンガも、登場人物、キャラクター、人間関係ーーすべて映画と同じ! 彼らの選択のちがいが、別な方向に向かった……いわば映画版『キャラクター』のパラレルワールドともいうべきもの! 同時に、映画に用意された少し謎に満ちたラストシーンを紐解く解説本にもなっています!」と期待をあおった。

[PR]

 『キャラクター』の主人公は、高い画力はあるがリアルな悪役を描けず、万年アシスタント生活を送る漫画家の山城圭吾(菅田)。ある日、殺人鬼・両角(Fukase)を偶然目撃した山城は、彼を基にしたキャラクターを生み出し、大ヒットサスペンス漫画を世に送り出す。しかし、その漫画のストーリーをなぞるような事件が連続し、再び山城の前に両角が現れる……というダークエンターテインメント作品だ。メガホンを取るのは『帝一の國』『恋は雨上がりのように』の永井聡監督。(編集部・吉田唯)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]