「おちょやん」空襲に見舞われた道頓堀で千代と一平は…18週のあらすじ

道頓堀は一変……
道頓堀は一変…… - (C) NHK

 連続テレビ小説「おちょやん」(月~土、NHK総合・午前8時~ほか)が4月5日から18週目を迎える(以下、今後のあらすじに触れています)。

道頓堀は一変…「おちょやん」第86回の場面カット【写真】

 「おちょやん」は、大阪・南河内の貧しい家に生まれた千代(杉咲花)が、数々の苦難を乗り越えながら女優の道を駆け上がっていく姿を描く物語。4月5日からは第18週「うちの原点だす」に突入する。

[PR]

 昭和20年3月13日深夜、大阪の街は大空襲に見舞われる。千代と一平(成田凌)は公演のために京都に来ていたが、急いで道頓堀に戻ってくる。すると、福富楽器店は焼かれてしまい、跡形もなくなっていた。

 そこにみつえ(東野絢香)やシズ(篠原涼子)、宗助(名倉潤)もやってきて、福富の菊(いしのようこ)と夫の福松(岡嶋秀昭)が亡くなったことがわかる。道頓堀は壊滅し、鶴亀家庭劇の劇団員たちもバラバラ。千代と一平たちは、憔悴するみつえと息子の一福と一緒に暮らすことにする。

 そんななかで突然、寛治(前田旺志郎)が家庭劇を辞めて、満州への慰問団に志願したいと言う。千代と一平は強く反対するものの、寛治は断固として聞かない。千代は毎月給金を送金することを条件に、寛治を送り出すのだった。芝居ができなくなった千代は焼け跡で、衝動的に一人で芝居を始める。だが、町の人や警察官から浮かれている場合じゃないと責められ、千代は傷つく。

 その後も空襲は続き、3か月が経過。千代は夜中に家を抜け出し、焼けた稽古場の前で、一人で芝居のセリフを小声で口にする。一平はそれを見つけ、千代のために一緒に芝居を演じてあげるのだった。

 そんなとき、夫である福助(井上拓哉)の戦死の知らせが届き、みつえはショックを受けて寝込んでしまう。一平も自分を責め、毎日出歩いては酔っ払い、喧嘩をしてぼろぼろになっていた……。

 「おちょやん」の最終回は5月14日(15日は最終週の振り返り)の予定となっている。(編集部・大内啓輔)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]