TikTokと東宝がタッグ!新たな映画祭開催 アンバサダーに北村匠海、審査員は三池崇史ら

「TikTok TOHO Film Festival 2021」開催へ
「TikTok TOHO Film Festival 2021」開催へ

 ショートムービープラットフォーム「TikTok(ティックトック)」と東宝株式会社がタッグを組み、新たな映画祭「TikTok TOHO Film Festival 2021」が開催されることが発表された。12日より動画作品の公募が開始となる。

 本映画祭は、新たなクリエイターを発掘し、映像・映画を共創することで映画業界を盛り上げることを目的としたもの。将来性・ポテンシャルのあるクリエイターを発見し、育成をサポート。グランプリ受賞者(団体も可)は、東宝プロデュースによる新作映像の制作権利及びその制作補助費のサポートが受けられる。応募方法は、ハッシュタグ「#TT映画祭2021」を付けて TikTok に動画を投稿すればいいという。

公式アンバサダーの北村匠海

 本映画祭の公式アンバサダーに北村匠海、審査員には三池崇史監督、山田智和監督、しんのすけ(TikTokクリエイター)が就任。北村は、「TikTok TOHO Film Festival 2021 アンバサダーに就任しました北村匠海です。すごく純粋に楽しみです。今回のこの企画で、僕自身もたくさんの刺激を受けると思いますし、きっと新たな才能が華咲くんだろうなと、ワクワクしています」とコメントを寄せ、三池監督は、「凄い映画祭が来た。『TikTok』×『東宝』って最強じゃないか!? 次世代のクリエイターにとって、これ以上の戦場はないだろう。『参加しない』という選択肢は無い。自由に、楽しみながら、新しい明日を手に入れよう!」と語っている。

 また、アドビ株式会社が本映画祭の協力企業として、参加者全員に編集ワークショップと Adobe Stock 無料素材、そしてファイナリストには Adobe Creative Cloud コンプリートプラン(12か月版)の無料利用などの支援を提供する。(編集部・梅山富美子)

[PR]
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]