『インディ・ジョーンズ』第5弾、新キャスト&ジョン・ウィリアムズ続投が正式発表!

前作『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』より
前作『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』より - Paramount Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ

 ルーカスフィルムは現地時間8日、映画『インディ・ジョーンズ』シリーズ第5弾(2022年7月29日全米公開)に、「Fleabag フリーバッグ」などのフィービー・ウォーラー=ブリッジが出演し、シリーズ全作品の音楽を手掛けた作曲家ジョン・ウィリアムズが続投すると発表した。

【画像】『ハン・ソロ』ではドロイド役!新キャストのフィービー・ウォーラー=ブリッジ

 現在78歳のハリソン・フォードが考古学者インディ・ジョーンズを演じる第5弾。シリーズ4作品のメガホンを取ったスティーヴン・スピルバーグ監督は、自らの決断で監督から降板(製作として企画に残留)しており、後任には『LOGAN/ローガン』『フォードvsフェラーリ』などを手掛けたジェームズ・マンゴールド監督が抜てきされた。

[PR]

 ハリソンと共に第5弾を盛り上げるフィービーは、ドラマ「キリング・イヴ/Killing Eve」「Fleabag フリーバッグ」の製作総指揮を務めるなど、プロデューサーとしての実力も申し分ない。最近では『スター・ウォーズ』シリーズのスピンオフ『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』でドロイドL3-37を演じたほか、同作で共演したドナルド・グローヴァーと暗殺者の夫婦役を務めるドラマ版『Mr.&Mrs.スミス』も控えている。

 また、1作目『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』(1981)からシリーズ全作の作曲を手がける名匠ウィリアムズが続投するという、嬉しい発表も。マンゴールド監督は、ルーカスフィルムの公式サイトで「歴代屈指のフィルムメーカーが揃ったドリームチームで新たな冒険がスタートできることにワクワクしています」とコメントしており、「スティーヴン、ハリソン、キャシー(ルーカスフィルム社長のキャスリーン・ケネディ)、(プロデューサーの)フランク(・マーシャル)、そしてジョンは芸術界のヒーローです。そこに、クリエイティブな意見とケミストリーを現場にもたらすフィービーが加わったことで、私はインディと同じくらい嬉しい気持ちでいっぱいです」と熟練たちとのコラボに喜びを爆発させている。(編集部・倉本拓弥)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]