ナウシカ声優・島本須美、青色テトと対面で「怖くない」名シーン披露

青色テトのぬいぐるみを肩に乗せた島本須美
青色テトのぬいぐるみを肩に乗せた島本須美

 映画『風の谷のナウシカ』のナウシカ役などで知られる声優の島本須美が15日、東京・松屋銀座で開幕した「アニメージュとジブリ展」のメディア向け先行内覧会に出席、『ナウシカ』の構想段階に描かれた青色テトを再現したぬいぐるみと対面し、笑顔を見せるひと幕があった。この日は、三鷹の森ジブリ美術館シニアアドバイザーの高橋望、三鷹の森ジブリ美術館館長の中島清文、徳間書店代表取締役社長・小宮英行も来場した。

漫画「風の谷のナウシカ」原作表紙ギャラリー

 本展覧会は、スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーが編集した「アニメージュ」をもとに、同氏の編集者としての側面にスポットをあてる催し。「機動戦士ガンダム」の大ヒットで質的にも量的にもアニメが大きく飛躍するブーム期や、鈴木プロデューサーが高畑勲宮崎駿の両監督と出会い映画製作に傾斜していくまでの道のりを、およそ200点以上の資料とともに紹介する。

[PR]

 ナウシカ役や『ルパン三世 カリオストロの城』のクラリス役でも知られる島本は、展覧会の音声ガイドナビゲーターとして参加。この日、高橋とのトークにも登場した島本は、ピンク色の自身の衣装に「よく考えたら、(ナウシカが)王蟲の体液を浴びる前の衣装に似ていませんか? 偶然なんですが、これから青(い衣装)に変わります」とちゃめっ気たっぷりに語った。

 前日に会場を見て回ったという島本は「スルッと見られるといいかなと思っていたんですが、ついつい立ち止まってじっくり見てしまう。あっという間に時間が経ってしまいました」と述懐。さらに「ナウシカあたり(のコーナー)は、楽しめる展示がたくさんありますし、アニメージュをご覧になっていた方は、一度は目にして、手に取っていたものもあると思うので、懐かしい思い出としてすごしていただけたら」とアピールした。

ジブリ美術館シニアアドバイザーの高橋望と島本須美

 また、鈴木プロデューサーも前日に来場していたといい、久々に対面したという島本は、「昔に比べてシャキッとした感じがしましたね。装いに威厳があったというわけではないんですが、(雰囲気に)威厳を感じました」と明かしていた。

[PR]

 今回の展覧会では、オリジナルグッズとして、青い毛並みのテトのぬいぐるみ等が販売される。構想段階に描かれていたという、“青いテト”と対面した島本は「知らなかった。これはレアですね」と笑顔。指に噛みつくテトをナウシカが「怖くない」となだめてみせる劇中シーンを再現して会場を沸かせると、最後に「本当に見どころはたくさん。ワンコーナーに長居しそうな感じが想像できたので、2度、3度と足を運んでいただいて、たくさんの方に見ていただきたいですね」と語っていた。(取材・文:壬生智裕)

「『アニメージュとジブリ展』一冊の雑誌からジブリは始まった」は松屋銀座8階イベントスクエアにて5月5日まで開催(入場は全日日時指定制)
※展覧会は緊急事態宣言を受けて4月25日以降の開催が中止となりました

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]