水原希子の提案で採用!インティマシー・コーディネーターがラブシーンのストレスも軽減

水原希子
水原希子 - 撮影:木川将史

 水原希子さとうほなみがダブル主演を務めたNetflix映画『彼女』で、ラブシーンをはじめセンシティブなシーンをケアするインティマシー・コーディネーターというスタッフが日本の映画で初めて起用された。日本では耳慣れないワードだが、これは水原からNetflixへ提案したことで実現したもの。本作の撮影を振り返りながら、水原がインティマシー・コーディネーター採用に至った経緯やその意義を熱く語った。

【動画】インタビューの様子

インティマシー・コーディネーターって?

 インティマシー・コーディネーターとは、性別に関わらず役者が身体を露出するシーン、またラブシーンなど身体的接触のあるシーン、入浴シーンなどのセンシティブなシーンで役者をケアする撮影スタッフのこと。日本ではまだ周知されていないが、ニューヨークの歓楽街を舞台にした米HBOのドラマシリーズ「The Deuce」(2017)で初めて採用され、ハリウッドでは一般的になりつつある。

[PR]

 中村珍原作の漫画「羣青」を廣木隆一監督が実写化し、高校時代から七恵(さとう)に恋をしていたレイ(水原)が、七恵に暴力を振るう夫を殺し、2人で逃避行へと走る姿を描く本作。大胆なラブシーンもあるが、水原は「ラブシーンに関しては、戸惑いはありませんでした。台本を読んで、そのシーンこそが美しいし、とても重要。それが欠けてしまったら、『彼女』ではなくなってしまうと思った」そうだが、もちろん「緊張する気持ちもあった」という。

 海外で役者業をしている友人に相談した水原は、そこでインティマシー・コーディネーターの存在を知ったと振り返る。「『アメリカでは肌をたくさん露出するシーンや、セクシュアルなシーンでは、インティマシー・コーディネーターを入れることが増えているんだよ』と聞いて。役者さんが、セクシュアルなシーンで“搾取された”と感じたことをカムアウトしたり、(セクハラを告発する)MeToo運動が広がる中で、これまで行われてきたことがいろいろと明るみになって。そういった職種が定着してきたそうです」

「納得して臨んだ方が、絶対にいい結果が出る」

Netflix映画『彼女』より

 「とても理にかなっている」と深く感銘を受けたという水原。「セクシュアルなシーンは、人によってとてもセンシティブなものですよね。どこに触れてほしくないのか、何が嫌かなど、それぞれ違ってくるものだとも思います。“役者なんだから、どんなことも役者魂を見せてやるべき”という考えも、わたしは違うのかなと感じていて」と思いを巡らせ、「あらゆることに配慮した上で、演出する側、演じる側も納得して臨んだ方が、作品にとっていい結果が出るのは目に見えている。アクション映画にアクション監督がいるように、“セクシュアルなシーンの役者の心身の安全を守るためにインティマシー・コーディネーターがいる”という環境を作ることは、とても意味のあることだと思いました」と新しい道筋が見えたという。

 そこで水原からNetflixへ提案したことで、『彼女』では、アメリカを拠点とするインティマシー・プロフェッショナル・アソシエーション(IPA)のトレーニングを受けた浅田智穂が採用された。浅田とは、実際にどのようなやり取りがあったのだろうか。

[PR]

 撮影前には「まずインティマシー・コーディネーターの方が、そのシーンに関して何か懸念することはないか、どういったことが嫌なのかなど、丁寧に聞き取ってくださる。それを、監督や制作側に共有してくれます」と役者と制作側の橋渡しとなり、さらに「撮影現場でも、そのシーンに入ることができるスタッフの人数をきちんと把握して、見守ってくれます」とあらゆる不安要素を解消してくれたそうで、そうして信頼関係を築いたうえでセンシティブなシーンを作り上げた。

“守るべきこと”への意識が生まれることが大事

撮影:木川将史

 本編を観れば、登場人物たちからあふれ出す情熱的な演技に目を奪われるはずだ。そこに役者陣、スタッフの妥協は一切見えない。最大限のパフォーマンスを発揮した水原は、今回の現場でインティマシー・コーディネーターの必要性を実感したという。

 「わたし自身、これまでも『セクシュアルなシーンの撮影で、必要以上の人数が現場にいた』という話を耳にしたこともありますし、嫌な思いをしたことのある人もいると思います。それって、トラウマになってしまうものですよね」と心を寄せ、「そしてこれはジェンダーに限らず、誰にとっても大事なこと。例えば、そういったシーンの撮影後に女性にはタオルをかけてもらえるけれど、男性はケアしてもらえないなどといった状況になりがち。それもフェアではないなと思って。ジェンダーに限らず、傷つく可能性があるものですよね」とコメント。

[PR]

 「インティマシー・コーディネーターを起用することによって、スタッフ、役者たちの中でも、“守るべきこと”に対しての意識が生まれる。それこそがとても大事なことだと思いました。今回、インティマシー・コーディネーターの方に入っていただいてよりよかったと思うことがたくさんありました。これからその起用が珍しくないものになって、誰もがいろいろな選択をできるような環境になればいいなと感じています」とこの職業の発展を期待していた。(取材・文 成田おり枝)

Netflix映画『彼女』は4月15日、全世界同時独占配信

水原希子、役者としての私のチャレンジ Netflix映画『彼女』インタビュー » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]