朝ドラ「おかえりモネ」サンドウィッチマンが土曜ナビゲーター担当!

サンドウィッチマン
サンドウィッチマン - (C) NHK

 5月17日から放送が開始されるNHKの連続テレビ小説「おかえりモネ」(総合・午前8時~ほか)の土曜の放送は、ドラマの舞台となる宮城県出身のサンドウィッチマン伊達みきお富澤たけしが、一週間を振り返って解説することが決定した。

【写真】「おかえりモネ」ヒロインの家族を演じるキャストたち!

 本作は、宮城県・気仙沼に生まれ育ち、内陸の登米(とめ)市で青春を送るヒロイン・永浦百音(清原果耶)が、気象予報という天気に向き合う仕事を通じて、人々に幸せな未来を届ける希望の物語が展開する。月曜から金曜は本編が放送され、土曜日は一週間の振り返りとなる。

[PR]

 ナビゲートを担う伊達は、「このお話をいただいて、率直な感想は『あ、ドラマ出演じゃないんだ』っていう……(笑)」と明かし、富澤は「そう、本編出演じゃないんだって」と同意。「宮城が舞台だから、ちょい役あるかもって思ってましたけどね。まあ、もし俺がやるなら登米の森林組合のベテラン作業員とかかな」という伊達の言葉に、富澤が「僕はりょーちん(永瀬廉演じる及川亮)の役柄かな。幼なじみとして」とボケると、「お前、りょーちんの位置!? お前だけひとり飛び抜けておじさんだぞ」とツッコミが。

 また伊達は、「このドラマで宮城県がフィーチャーされて、宮城県の魅力がたくさん伝わるといいよね。朝ドラは結構好きでみてるけど、たぶん『おかえりモネ』が最高傑作じゃないかな」とコメント。舞台が現代の宮城県で、東日本大震災も描かれることについては、「俺たちも震災当時、気仙沼の安波山に避難しましたし、そのあとも気仙沼には何度も行っているから感慨深い」(伊達)、「震災を経験した登場人物たちのセリフも、心に刺さるものがありましたね」(富澤)、「モネが経験した、その日その場にいた、いないで感覚が変わってくるというのはたしかにそうだと思ったし、ドラマの中でも繊細に描かれているなと思いました」(伊達)と語っている。

[PR]
(C) NHK

 制作統括の吉永証は、「宮城を舞台に描く朝ドラ『おかえりモネ』。土曜日の案内役候補を考えた時、真っ先に思い浮かんだのがサンドウィッチマンさんです。お二人の魅力は、何と言っても、人に対する優しい眼差しと、軽妙なトーク。故郷・宮城への愛と、視聴者と同じ目線で『おかえりモネ』を観てくれるのは、お二人しかいないと、お願いしました。はじめてお二人にお会いした日。テレビで見ているままの気取らない人柄に感激、お願いして良かったと実感しました。土曜の朝、ドラマをご覧になった方も、見逃した方も、サンドウィッチマンのお二人と一緒に、『おかえりモネ』をぜひ楽しんでください!」とコメントを寄せている。(編集部・梅山富美子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]