米HBOドラマ版『パラサイト』はオリジナルストーリーに

『パラサイト 半地下の家族』に収まりきらなかったアイデアとは?
『パラサイト 半地下の家族』に収まりきらなかったアイデアとは? - Neon / Photofest / ゲッティ イメージズ

 米国アカデミー賞で作品賞に輝いた韓国映画『パラサイト 半地下の家族』の米HBO局によるテレビシリーズ化について、ポン・ジュノ監督と共に製作総指揮を務めるアダム・マッケイが、ポッドキャスト番組 Happy Sad Confused 内で、同作が映画版のリメイクではなく、オリジナルストーリーになると語った。

半地下の家は町ごとセット!『パラサイト 半地下の家族 』特別映像

 『パラサイト』は、韓国の半地下住宅に住む貧困家族と、高台に住む裕福な家族との出会いから始まる物語。拡大する格差問題を取り入れた構成と、先の読めないストーリー展開で話題を呼び、アカデミー賞において、作品賞を含む最多4部門で受賞する快挙を成し遂げた。

[PR]

 ドラマ化については昨年から各メディアで報じられていたが、映画の続編なのか、英語版リメイクになるのかといった詳細は不明だった。しかしこの日、マッケイは同作について「映画と同じユニバースにあり、同じ世界観のオリジナルストーリーになる」と証言。さらに、製作は「全速力で進んでいる」と明かした。

 ドラマ化企画が明らかになった際、The Wrap に対してポン・ジュノ監督は、『パラサイト』の脚本を執筆するうえで多くのアイデアが蓄積されていたことを明かし「それら全てを、2時間の映画に収めることはできませんでした。その全ては私のiPadに入っていて、ドラマシリーズにおける私の目標は、6時間の映画を生み出すことなのです」と語っており、ドラマ版が、映画に入りきらなかったアイデアを詰め込んだシリーズになることを示唆している。

 自ら監督した『マネー・ショート 華麗なる大逆転』(2015)で、自身もアカデミー賞受賞(脚色賞)しているアダムだが、ポン・ジュノ監督との共同作業には刺激を受けているとようで、「ポン・ジュノのそばで仕事ができるなんて、普段は他人から『光栄だ』とか言われると嘘っぽいと感じるんだが、本当に光栄に思っているし、楽しんでいるよ」と語っている。(編集部・入倉功一)

半地下の家も豪邸もセット!映画『パラサイト 半地下の家族』特別映像 » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]