平手友梨奈が銃を手に…『ザ・ファブル』新カット!

力強い表情の平手友梨奈
力強い表情の平手友梨奈 - (C) 2021「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」製作委員会

 岡田准一主演の映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』(6月18日公開)から、物語の鍵を握る新ヒロインを演じた平手友梨奈が、拳銃を手にする姿を収めた新カットが公開された。

【写真】平手友梨奈のメイキングカットも!

 本作は、南勝久の人気コミックを映画化した『ザ・ファブル』シリーズの新作。ボスの命令によって一般人のフリをして生活している伝説の殺し屋・ファブル(岡田)が、因縁のある最狂の男・宇津帆(堤真一)から訳アリの少女・ヒナコを救出するミッションに挑む。

[PR]

 平手がふんするヒナコは、4年前に起きたある事件でファブルが救えなかった少女。車椅子生活を送る彼女は、高校生の時に何者かに両親を殺害されて心を閉ざし、その復讐だけを生きがいに生きている。そんな彼女が行動を共にするのは、表向きは子どもを守るNPO代表だが、裏では緻密な計画で若者を殺す最狂の男・宇津帆。そんなヒナコがファブルと偶然の再会を果たし、その再会をきっかけに過去の因縁に導かれた大騒動が巻き起こることになる。

 公開された新写真には、拳銃を手に決意を固めるヒナコの力強い表情をはじめ、宇津帆から両親の死の真相を聞かされて複雑な表情を浮かべる場面などが収められている。さらには、ヒナコがアキラ(※一般人として暮らすファブルの偽名)と出会う公園のシーンのメイキング写真も公開に。撮影裏でキャスト、スタッフと積極的にコミュニケーションをとって笑顔を見せる平手は、スタッフの間でも癒やしの存在になっていたという。

 平手は「大ヒットした作品のシリーズ化、そして今作のヒロインということで不安とプレッシャーがすごくありました」と告白。ヒロイン役のオファーには「なぜ私なんだろうとビックリした」そうだが、そんな彼女について原作者の南は「ヒナコ役の平手友梨奈さんは僕の第一希望でした」と明かしている。

 さらに、「今までやったことのない役柄でしたが、原作の漫画も読ませていただいて、ヒナコがだんだんと成長していく姿が素敵だなと思ったので、チャレンジしたいなと思いました」という平手に対し、メガホンを取った江口カン監督は「魂を揺さぶる熱演」と称賛の言葉を贈っている。(編集部・吉田唯)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]