ジブリ『アーヤと魔女』公開延期が決定

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
(C) 2020 NHK, NEP, Studio Ghibli

 4月29日に公開予定だった、スタジオジブリの3DCGアニメーション映画『アーヤと魔女』が、公開延期されることが決定した。23日、配給の東宝が発表した。

スタジオジブリ初のフル3DCGアニメ!【フォトギャラリー】

 公開延期は、新型コロナウイルス感染拡大の状況を鑑みてのこと。今後の公開予定は、決まり次第、東宝オフィシャルサイト等で発表される。なお、購入済みの前売り券は、延期後の上映でも使用可能となる。

 『アーヤと魔女』は、企画・宮崎駿、監督・宮崎吾朗によるスタジオジブリ初のフル3DCGアニメーション。イギリスの作家ダイアナ・ウィン・ジョーンズの小説を原作に、魔法を教えてもらうことを条件に魔女の助手になる少女アーヤの物語を描く。アーヤのボイスキャストを平澤宏々路、魔女を寺島しのぶ、同居人を豊川悦司、使い魔の黒猫を濱田岳が担当している。(編集部・小山美咲)

[PR]
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]