劇場版『エウレカセブン』最終作、初夏から秋公開へ新型コロナ影響

『エウレカ』も公開延期『EUREKA/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』ポスタービジュアル
『エウレカ』も公開延期『EUREKA/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』ポスタービジュアル - (C) 2021 BONES / Project EUREKA MOVIE

 27日、アニメ「交響詩篇エウレカセブン」の最新劇場版『EUREKA/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』の公開時期が、新型コロナウイルスの制作スケジュールへの影響を理由に、当初予定されていた初夏から今年の秋に変更された。

 同作は、2000年代にテレビアニメとして人気を博した「交響詩篇エウレカセブン」を新たに映画化した『ハイエボリューション』シリーズの第3弾。『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1』(2017)、『ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』(2018)に続く三部作の完結編として、初夏の公開を予定していた。

 公開時期について製作委員会では、「新型コロナウィルス感染症(COVID-19)により、制作スケジュールに影響が出たため、公開時期を変更することと致しました」と発表。新たに秋公開を予定しており「監督をはじめ、スタッフ一同、皆様のご期待に応えるべく制作に励んでおりますので、楽しみにお待ち頂ければと思います。お買い上げ頂きました前売券(ムビチケ)は、変更後の上映にもご使用頂けます。何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます」としている。(編集部・入倉功一)

[PR]
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]