菅田将暉×野田洋次郎の歌声響く!『キネマの神様』主題歌入り予告映像

初タッグ!
初タッグ! - (C) 2021「キネマの神様」製作委員会

 沢田研二菅田将暉が主演を務める映画『キネマの神様』(8月6日公開)より、主題歌を歌う菅田と野田洋次郎RADWIMPS)の歌声を収めた予告映像が公開された。

菅田将暉×RADWIMPSがタッグ!『キネマの神様』主題歌入り予告編【動画】

 本作は、松竹映画100周年を記念して製作された家族の物語。原田マハの同名小説を『男はつらいよ』シリーズなどの山田洋次監督が映画化し、映画の神様を信じ続けた男と、その家族に起こる奇跡の物語が紡がれる。

[PR]

 先日、劇中の撮影所で働く盟友ゴウとテラシンを演じる菅田と野田が「RADWIMPS feat.菅田将暉」として初タッグを組むことが発表され、大きな話題を呼んだ。野田が作詞作曲、菅田がゲストボーカルを務め、主題歌である「うたかた歌」を歌唱する。

 今回、楽曲入りの予告映像が公開。楽曲は菅田と野田の劇中の役柄と重なり合うように歌詞に合わせて歌い分けされた「うたかた歌」の音源を収めた予告映像では、ノスタルジックなメロディーにのせて、かつて恋に胸焦がれたゴウ(菅田/沢田)と淑子(永野芽郁宮本信子)の過去から、夫婦となった現在にかけて築かれていく二人の深い愛が映し出されている。映画への夢を諦め、迷惑ばかりかけて後悔しているゴウと真摯に彼を愛し続ける淑子。“映画の神様”を信じ続けたゴウや淑子、その家族や友人たちに奇跡が待ち受ける。

 本作は2020年3月1日のクランクイン以降、菅田とダブル主演の予定だった志村けんさんの突然の逝去や、緊急事態宣言による撮影の長期中断、二度の公開延期などの困難に見舞われてきた。今回の主題歌にも「あの世界が音としてもこの世にずっと残っていってほしい」という作品への野田の願いが込められており、映画のエンドロールにも流れる予定となっている。(編集部・大内啓輔)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]