R18+の問題作『屋敷女』ノーカット完全版が公開

(C) 2007 LA FABRIQUE DE FILMS BR FILMS

 『ベティ・ブルー/愛と激情の日々』のベアトリス・ダルが凶暴な殺人鬼にふんしたフレンチ・バイオレンス・ホラー映画『屋敷女』(2007)のノーカット完全版が、7月に劇場初公開されることが決まった。

【閲覧注意】『屋敷女』ノーカット完全版<写真8枚>

 クリスマス・イブの夜、出産を翌日に控えた妊婦の家に忍び込んだ謎の女が、大きなハサミを手に襲い掛かる本作。常軌を逸した大暴走でスクリーンを鮮血に染めた問題作だ。そんなR18+の本作が、オリジナルのままの姿で復活。日本初公開時よりもさらに強烈な映像で、7月30日からヒューマントラストシネマ渋谷、池袋シネマ・ロサ、アップリンク吉祥寺ほか全国公開される。

 悲劇の妊婦サラを演じるのは、ヴァネッサ・パラディの妹アリソン・パラディ。監督は、評価された本作の後に『レザーフェイス-悪魔のいけにえ』も手掛けたジュリアン・モーリーアレクサンドル・バスティロ。(編集部・小松芙未)

[PR]
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]